中国のインターネットユーザーの間で「誤った日本の情報」が広まっており、大きな話題となっている。その情報とは、北海道の高校が夏用制服を導入したというニュース。紹介されている制服は、なんとスケスケセーラー服なのである。

そのような制服が導入されるはずもない。しかしながら、中国の男性インターネットユーザーらは大興奮しており、「すげえ! 日本やるじゃん!」や「俺たちの国も導入しよう」などの発言が相次いでいる。

驚きの制服画像は、中国の有力掲示板サイト「tt.mop.com」に掲載されていたものだ。それによると「日本・北海道の高校の、新しい女子学生用の夏用制服です」として、セーラー服姿の女性の写真が紹介されている。

しかし、この制服はスケスケのもので、どう考えても普通の制服でないことは明らか。だが、中国人男性は驚くとともに興奮しているようで、次のように発言している。

・間違って紹介された日本の女子高制服に対する、中国ネットユーザーの反応
「これはイイ!」
「勉強捗るなあ」
「日本最強だ」
「俺、金貯めて日本行くわ」
「これを信じるのか、俺は信じない」
「日本のAV文化は学校にまで浸透しているな」
「中国は参考にすべき」
「日本を支持する」
「日本はこのような奇妙なことをやりたがるな」
「俺も生きてる間に、必ず北海道の学校に行ってみせる!」
「いやいや、これは違うでしょう……」
「日本の女子高生は卒業までに初体験を済ませるっていうからなあ」
「素晴らしい」

……など。一部からは間違った情報ではないか? との指摘があるものの、多くの中国ネットユーザーは歓喜している様子である。なかには、日本行きを決意するユーザーさえいる。彼らの夢を砕くようで悪いのだが、こんな過激な制服を採用している学校はどこにも存在しないのだが……。

参照元:tt.mop.com(中国語)