いくら熱烈なゾンビファンといえども、きっと悲鳴をあげるに違いない。そんな驚きの洗車サービスが登場し、注目を集めている。そのサービスとは、カナダ・トロントに登場した「ゾンビ・カーウォッシュ」。たくさんのゾンビが車に群がり、ベタベタと血のりをつけていくのである。

サービスを受けた車は真っ赤に染まり、まるでゾンビの襲撃を受けたような悲惨な状態になってしまうのだ。それって洗浄になるの? と疑問に思うのだが……、ゾンビファンにはたまらないサービスなのだろうか?

このユニークな洗車サービスは、トロントで10月に開催される「ゾンビ・ウォーク」の前イベントとして行われているもの。このイベントは今年で第9回を数え、昨年は6000人もの人々が参加したという。その開催のための資金を稼ぐために、ゾンビ洗車が登場したのである。

洗車場には複数のゾンビが待機しており、バケツに血のりを携えて車を迎える。そしてゾンビ映画のように車を取り囲んで、ベタベタと血のりを塗りたくるのである。このサービスは思いのほか好評のようで、ゾンビファンの大人はもとより、子どもたちにも人気になったのだとか。

なかには、ゾンビ・ウォークの日まで待ちきれずに、ゾンビに扮して洗車に参加した人までいたそうである。ちなみにこのサービスの費用は10ドル(約765円)、プラス5ドルで血のりトリートメントのオプションも受けられるそうだ。

これだけ血のりを浴びせられるとなると、改めて洗車する必要があると思うのだが……。いずれにしても、10月22日のゾンビ・ウォークにはたくさんのゾンビが街を練り歩くことになりそうだ。

参照元:blogTO(英語)

▼ 「ようこそ! ゾンビ・カーウォッシュへ」とばかりに満面の笑みでゾンビが迎えてくれる
▼ バケツには大量の血のりが
▼ ギャーーーーーーー!!
▼ イギャーーーーーーー!!
▼ 最後はみんなで記念撮影