北海道・長万部町のイメージキャラクター「まんべくん」が、インターネット上で「どう見ても日本の侵略戦争が全てのはじまりです」と書き込みし、まんべくんを管理していたエム社社長が謝罪した件で、予想できない展開になりつつある。

公式サイトやTwitter上で謝罪をしたエム社社長だったが、8月19日になって意味深なコメントをTwitterに書き込みしたのである。その書き込みを読んだインターネットユーザーからはさまざまな意見が寄せられている。

社長がTwitter上に書いた言葉は「反省してないように見えるツイートを私がなぜこのタイミングでするのか。理由があります。でも言いません」「燃料投下は計算済みですよ」というコメントだ。

どういう意味が込められているのか、インターネット上では言葉の意味を推測する人まで現れ、物議をかもしている。この書き込みに対してインターネットユーザーらは「突き抜けてる…ここまでの逸材とは思わなかった」や「怖すぎだろw」、「引っ込みつかないんだろ。演じてるだけ」などの声を寄せている。

このコメントに対して社長と数回あったことがある人物に話を聞いたところ「正直、ここまで熱意を込めて育ててきたまんべくんを、今回の件で手放すことになるのが悲しいのだと思います。とても熱意がある人なので、熱いがゆえ自分のなかで整理をするには時間がかかるのではないでしょうか。かかわった人たちすべてに良い着地点が見つかればいいのですが……」と語っていた。

参照元: Twitter mltdken.