2011年8月17日の午前、プレイステーション3の価格が29980円から24980円に値下げ販売されることが、ソニーコンピュータエンタテインメント(SCE)より発表された。値引き価格での販売は8月18日からで、それまでは今まで通り29980円で販売される。

今回の値下げはゲームファンにとって非常に嬉しい出来事だが、突然「明日から値引き販売します」と言われたわけで、多くの人たちが値引き発表前にプレイステーション3を購入して「まじかよ!」と激怒する事態に発展している。

個人的な話になるが、記者も8月16日にプレイステーション3をAmazonで購入したばかり(28343円)。値引きされるとわかっていたら18日まで待ったのだが……。そこで今回、SCEさんに問い合わせをして「値引きされると知らず昨日買ったんですが、これって損したってことですか?」と聞いてみた。

SCEのカスタマーセンターのスタッフは「申し訳ございません」と謝るばかり。つまり、損したことになるようだ。じゃあ何か特典をプラスしてくれたりするのだろうか? 値引き直前に買ってしまった人に特典をくれる予定はありますか? その質問に対しても「そのような予定はございません。申し訳ございません」という返答だった。

ニンテンドー3DSも25000円から15000円に値引いて販売を開始したが、あらかじめ数日前から「8月11日から値引きをします」と発表していた。また、値引き前に買ってしまった人たちには無料でゲームをプレゼントすると発表している。

プレイステーション3は感動がギッシリと詰まった素晴らしいゲーム機だし、SCEもエンターテインメントの追求に余念がない企業だ。しかし、消費者の立場になって物事を考えるという点においては、任天堂の足元にも及ばないのは確かであり、消費者の心理を考えた商売をしてほしいと強く感じる出来事であった。

写真: RocketNews24(写真は過去のPS3).
参照元: プレイステーション3価格改定
続報: Amazon神対応か! 値引き前にPS3を買った人でも「値引き後の価格」になる可能性アリ!