体力に自信のあるゾンビマニアに朗報だ。まもなくアメリカで、「ゾンビが追いかけてくるアスレチックマラソン大会」が開催される。参加者はゾンビに追いつかれないようにゴールを目指すそうだ。はたして勝つのは人間か? それともゾンビか?

この大会は「Run For Your Lives」と名付けられている。会場は、米ワシントンDCにほど近いボルチモアのダーリントンに設けられている。参加者は用意された5キロのアスレチックコースを走るのだが、通常のアスレチックマラソンと異なり、なんとボランティアで参加するゾンビが着いてくるのである。

ランナーはフラッグベルトを着用しており、すべてのランナーのフラッグベルトがゾンビに奪われると、人間の負けということになる。これを奪われないように、アスレチックを進まなくてはならず、かなり過酷なマラソンとなりそうだ。

このユニークなマラソンはアメリカ中で話題となっており、10月22日の開催について問い合わせが相次いでいるのだとか。ちなみに参加するゾンビたちは、ランナーへの接触が禁じられているとのことだ。追いかけられるのは恐ろしいのだが、噛み付かれる心配はないので安心。

なお、ゾンビは人間がふんしたものであり、本物のゾンビではない。よって、万が一噛みつかれたとしてもゾンビになってしまうことはない。しかし、本物のゾンビが紛れ込んでいたら……。もし参加したいという人は、とりあえず自己責任で参加していただきたい。

参照元:ODDITY CENTRAL,RUN FOR YOUR LIVES(英文)