大空に浮かぶ雲は常に形を変え、ときに動物に見えたりハートマークなどに見えたりすることがある。見る人それぞれに、異なった印象を与えるものなのだが、海外で驚くべき形の雲が目撃され話題となっている。それは、偶然撮影された顔のような雲だ。

これはカナダ南東部のニューブランズウィック州で撮影されたもので、確かに人の横顔のように見える。目、鼻、口、頬など、人間の顔を構成する部分がくっきりと浮かび上がっているのである。

撮影したデニス・ファーマーさんは、この動画をYoutubeに「OMG!!!」というタイトルで公開したところ、大きな反響を呼んでいる。この動画について、海外のインターネットユーザーからは、次のような意見が寄せられている。
 
・顔のような雲の動画を見た、海外のネットユーザーの反応
「単なる偶然だ」
「神だ!」
「悪魔だ!」
「あれは『ハリー・ポッター』シリーズに出てきたヴォルデモート卿だ。シリーズはまだ終わってないのでは!?」
「この不気味な雲にはなんらかの意味があるにちがいない」
 
……など。人によって見え方はさまざまだが、ネットユーザーは皆一様に衝撃を受けているようだ。結局、この雲が顔のように見えたのは、わずか1分の間。その後に形を変えて顔は見えなくなってしまうのである。

一部のユーザーがいうように単なる偶然なのだろうか? それとも何か大きな意味があるのか……。自然の驚異に魅せられた人々の熱い議論はしばらく続きそうである。

参照元:Youtube denisfarmerMail Online(英文)