2011年7月24日12:00(正午)にアナログ放送の電波が停止し、完全地上デジタル放送に移行した。しかし人気テレビアニメーション『サザエさん』の磯野家のテレビは、アナログ放送終了後もアナログテレビを使用していることが判明した。

アナログ放送終了となった2011年7月24日にフジテレビで放送された『サザエさん』で、磯野家のテレビが映ったのだが、そのテレビがブラウン管のアナログテレビだったのである。また、磯野家だけでなくイクラちゃん家族の家のテレビもブラウン管テレビだった。

テレビ局各局は地デジ移行を推奨しているが、世界観を重要視している『サザエさん』では、あえて地デジ対応テレビにしていないのかもしれない。もしくは、磯野家では波平の「物を大切にする」という教育方針によってテレビを買い替えず、地デジチューナーを使用してアナログ変換しているのかもしれない。

この件に対して視聴者らはインターネット掲示板に「ブラウン管だ」「しかも4:3のやつw」「思いっきり旧タイプだな」「アナログテレビなんだろうか」「どうみてもアナログテレビだろアレ」「ずいぶん古臭いデジタルテレビだな」などのコメントをしている。