コンビニエンスストアのファミリーマートで販売されている、うな重が激しく美味しい。価格は1680円もするのでコンビニ弁当としては高額すぎるものだが、この味と量で1680円ならば許せる価格である。

ファミリーマートのうな重は、使用しているうなぎの量によって価格が違う。1680円のうな重はうなぎを1尾まるごと使用しており、思う存分うなぎの風味を堪能できるのである。「そういや今年は吉野家でしかうなぎを食べてなかったなぁ」と思った記者は、年に一度の贅沢として1680円のうな重を購入。

実際に食べてみて、その美味しさとボリューム、そしてうなぎの質の良さに驚いた。コンビニ弁当は味が濃いケースが多いのだが、このうな重は違った。ソフトなタレの味がうなぎの内部にまでしみ込んでおり、味がしっかりしているのに濃すぎない。しかも脂がしっかりと乗っているのに、まったくしつこさを感じない。きっと良質なうなぎの身が、脂のしつこさを打ち消しているのだろう。そしてほどよく脂のウマミを感じられるようにしているのだ。

レンジでチンしてもうまいとはスゴイ。むしろチンするとうなぎがフンワリして美味。冷たいままだとうなぎが硬いのでレンジでチンすることを強くオススメする。しかも生臭さは皆無で、小骨もまったく気にならず、そのままガンガン食べ進めることができる。ファミリーマートはうな重の予約販売をしていたが、2011年7月22日現在は店頭で購入できる。

ひとつだけ残念なのは、ご飯の質だろうか。白米が悪いというより、炊き方をもっとうまくすれば、うなぎの美味しさをもっと引き出せたに違いない。決してNGではないが、わがままを言えばご飯にもっと力を注いでほしかったものだ。

とはいえ、非常に絶品である。数十店のうな重専門店でうな重を食べてきたが、多くの専門店のうな重よりも美味しいと感じた(ファミマのうな重が越えられないほど美味しい専門店もあるが)。微妙グルメ評論家のノリスケ氏は「影響を考えると店名は言いませんがファミマのうな重より数段味が落ちるのに、バカ高い価格でうな重を出している老舗もいくつかありますよ」と語っていた。

コンビニエンスストアでこれほど美味しいうな重が食べられるとは、良い世の中になったものである。季節のメニューではなく、常時、お弁当コーナーに並べてもらえるとうれしいが、ファミリーマートさんどうだろうか?

写真: RocketNews24.