【衝撃映像】エリア51で撮影された、捕らえられた宇宙人

エリア51とは、米ネバダ州にあるアメリカ空軍の管理地区。この地の周辺では古くから頻繁に未確認飛行物体(UFO)が目撃されており、それに加えて立ち入り禁止で撮影禁止、厳重な警備体制が敷かれていることから、「UFOの発着所」や「宇宙人がいる」、「米軍と宇宙人が共同研究を行っている」などの噂が絶えない場所である。

今回は、そんなエリア51で撮影されたとされる、謎の宇宙人映像をご紹介したい。

動画サイトYouTubeにアップされた動画「Area 51 – Alien Footage」は、UFOファンにとってはあまりにも有名な動画の一つであり、現在までに120万回以上も再生されている。アップロードされたのは今から2年前の2009年。撮影日は2008年とされている。

場所はおそらくエリア51内にある、どこかの施設の隔離部屋。天井付近に固定された監視カメラらしき白黒の映像には、捕らえられた宇宙人(グレイ)の姿が映しだされている。まるで逮捕直後の留置所のような雰囲気だ。

地面に座り、しばし考え込む宇宙人。ふと立ち上がり、「これは何だ?」とばかりに、カメラを何度も覗き込む。そして部屋の中をウロウロと動きまわり、逃げようとするがあきらめてまた座る。

途中、職員らしき者が食事を差し入れに来るが、宇宙人は比較的おとなしく座って待機。そして最後は、食事の載ったお盆を両手に取り、また座る。――映像はここまでだ。

この後、宇宙人は食事をとったのだろうか。そもそも宇宙人は、口からごはんを食べるのだろうか? ごはんを食べるということは、排泄もするということなのだろうか? その真相は、人類と宇宙人が正式に対面したとき明らかにされることだろう。

参照元:Youtube UFOEvolution
執筆:GO羽鳥

コメントをどうぞ

  1. これでは留置場に収監されたホームレスの動きだ、超進化生命体体に対し無礼だ、もう少し研究して作成してほしい。以上

  2. 50年代からずっと隔離してて、いまカメラに気づきました。

  3. 影から光源の位置を想定すると、体の陰影の付き方がありえないほど不自然かな。

  4. どうみてもCGです。ありがとうございました。

  5. なんだこの下手なCGはw
    記事にすんなや

  6. 同じノイズ入れるなよ。

  7. ノイズは要らないね。

  8. よくできた動画だな

  9. これは数年前テレビで見たなぁ

  10. ファリゲラファラオ

  11. まあどんなCGでもストーリーを考えて、簡単なモデリングでもアニメーションを作るのには少なくとも数日は掛かる事もあるから、動きが雑なのを減点すると50点くらいだな。

    まあこの手のインチキビデオの映像をにノイズ入れたりこういう色にするのは、自然な色や質感出すのは今でも難しいからで、色なんか着けちゃうと直ぐにCGってバレるからなんだよねw

    レベル高いのはそれなりの労力を要する

  12. 回転寿司チェーン店のCMじゃないのか?(^o^;)

  13. CGとか言ってるやつは、とりあえずそういっとけばいいと思ってるニワカ乙。
    日本人って集団心理とかいって全てを否定するから困る
    これは間違いなく宇宙人だよ。
    都合よく人間のような動きをしてるから疑問に思うだろうが
    逆にこのCGのような外見、動きをしているからこその宇宙人なのがわからない?
    宇宙人と会ったことの無いやつは印象論で全てを片付ける。
    この挙動不審さや空気管を見て、ひしひしと伝わるわ、これは宇宙人。
    エリア51はまだまだ宇宙人を飼っているだろうな

トラックバック

  1. トラックバックはまだありません。
  2. トラックバックURL

みんなのお気に入り