日本一大きい餃子を東京・飯田橋の『神楽坂飯店』で食べることができるという。イベントや記録のために巨大餃子を作った店や団体は多々あるが、日常的に巨大餃子として販売されている餃子のなかでは、『神楽坂飯店』のものが日本一なのではないかといわれている。

でも、どれだけ巨大な餃子なのだろうか? 非常に気になる。ということで、実際に『神楽坂飯店』に出向いて巨大餃子を食べてみることにした。普通サイズより少しだけ大きいくらいの餃子だったら拍子抜けだが……。

注文してビックリ。目の前に出された餃子は、餃子と同じ形状をしていながら、そのサイズは「まるで赤ちゃんをタオルで包んだかのような大きさ」をしているではないか! あまりにも巨大すぎる! 店員さんによると、この餃子は通常の餃子100個分に相当する内容量だという。100個! 100個! 100個!

とにかく驚きすぎて食べるのを忘れていた記者。とりあえずナイフで巨大餃子をザクッ! すると皮が超ブ厚いことが判明! ピザ生地よりも数倍厚い! 中にはギッシリと具が入っているため、皮を厚くしないと調理できないらしい。

具からどんどん肉汁が出てきてる! 実際に食べてみたのだが、ヒジョーーーに美味しい! 餃子を食べているというより、別の料理を食べているかのようである。ひき肉とニンニクと野菜がほどよい分量で作られているので、いくらでも食べられる味をしている。これくらい美味しいのならば、ひとりで食べてしまう人もいるのでは!?

店員さんに聞いてみたところ、実際にひとりで食べてしまう人がいたという。また、この餃子は「お客さんにおなかいっぱい食べてもらいたい」という気持ちから誕生したのだという。皆さんも、一度この巨大餃子を食べてみてはいかがだろうか? ちなみに価格は9600円で、事前に予約をしておく必要がある。また、この『神楽坂飯店』には巨大ラーメンや巨大チャーハンも存在するので、そちらもいかがだろうか?

写真: RocketNews24.