「都市鉱脈」という言葉がある。これは、携帯電話やモバイル端末、パソコンの廃品から、金、銀、クロムなどを回収することを指す。これらの電子機器が都市部に集中しているため、鉱脈と言われているのだ。

鉱山でしか発掘できないと希少金属を、都市で発掘するという逆転の発想に基づいたものだが、これを上回る斬新な閃きで、金やダイヤを掘り当てる男がいる。その男はなんと都市の道路の溝で、これらを発掘するのだ。都会のトレジャー・ハンターと呼ぶに相応しい。

ニューヨークのクイーンズ地区に住むラッフィ・ステパニアンさん(43歳)は、ピンセットとバターナイフを持って街に出かける。彼の1日の仕事は、道路の溝をひたすら掃除することだ。だが、ただの溝掃除ではない。四つん這いになりながら、金やダイヤ、ルビーなどの貴金属を探しているのである。驚いたことに、彼はこれで生計を立てているという。

彼は主に47番街通りの界隈で発掘をしているのだが、彼に言わせれば「47番街通りは金で舗装されている」とのこと。現地メディアが密着取材をした6日間で819ドル(約6万6000円)分の貴金属を発見した。

宝石商は彼の発掘品を、喜んで買い取るそうだ。というのも、見つけた貴金属はすでに加工済みで、鉱山から採掘した金やダイヤと違い、カットする手間が省くことができる。磨き直す程度で、本来の輝きを取り戻すのである。

とあるダイヤモンドディーラーは、「街では誰もが慌しく動き回り、しょっちゅう何かを落とす」と、彼の着想を評価している。

それにしても6日間で6万円とは、なかなかの金額だ。落し物がなくならない限り、彼の発掘は続けられそうだ。

参照元:NEW YORK POST(英文)