人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦先生)の第8部として人気を博している『ジョジョリオン』。その第二話に登場した『ごま蜜団子』というお菓子をご存知だろうか? 謎の青年に少女がお見舞いとして渡した一口サイズの団子で、「前歯で噛むのではなく奥歯で噛んで食べるお菓子」として紹介されている。

前歯で噛むとダメな理由は、団子の中にドロリとしたごまが入っているので、奥歯で噛まないと中身のごまが噴出してしまうから。その『ごま蜜団子』を食べた青年は「何だこれはぁぁーーーッ! ンマイなあああッ!!」「何だこれッ!? ンマイなぁぁあぁぁーーーーッ!」と大絶賛。青年は前歯で噛んでブジュルジュルと液体をたらしながら食べていた。

そんな『ごま蜜団子』が実在するのをご存知だろうか? なんと、本当に『ごま蜜団子』が存在したのである! 漫画内では「杜王町名物の創業明治36年ごま蜜団子ってお菓子よ」と紹介されていたが!?

この『ごま蜜団子』のモデルとなったお菓子は、菓匠・松栄堂の『ごま摺り団子』。松栄堂は、創業明治36年の歴史ある岩手県の菓子店である。創業明治36年という点だけでなく、『ごま摺り団子』の形や中身もソックリであり、『ごま蜜団子』のモデルになったのは確定である。

松栄堂さんにこの件に関して取材をしたところ、「ジョジョリオンを読んで注文したお客さまがいらっしゃいました。喜んでいただけてとても嬉しいです。荒木先生に贈りさせていただきたいくらいです(笑)」と、その反響の大きさと荒木先生に対する感謝の言葉を語ってくれた。ちなみに『ごま摺り団子』は松栄堂公式サイトで通販もしているので、気になる人はチェックしてみよう。松栄堂には公式Twitterもあるようだ。

当編集部でも実際に購入して食べてみたが、これがまたンマイなぁぁあぁぁーーーーッ! ンマイなぁぁあぁぁーーーーッ! ンマイなぁぁあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーッ! ブツッとつぶれた団子から甘いごまが漏れ出し、口の中が幸せにッ! さまざまな味の種類があり、クリームが入った『ごま摺り団子』もクリーミィーでオススメ! ンマイなぁぁあぁぁーーーーッ! こぼした分もすべて美味しくいただきました♪

写真: RocketNews24.