13年に一度、繁殖のため地面から出てくる「13年ゼミ」。今年は13年ゼミの当たり年。アメリカ・ミズーリ州にはセミがいたるところにいて、本当にもうどうしようもないくらいセミだらけだ。

でも、本当にどうしようもないだろうか? そこで、とあるアイスクリーム屋さんがアイデアを思いついた。「そうだ、セミ入りアイスクリームを作ろう!」

ミズーリ州コロンビアにある自家製アイスクリーム屋「スパーキー」(Sparky’s Homemade Ice Cream)。従業員たちは、店の裏庭から死んだセミを回収。そして、それらをよく煮てからチョコレートでコーティングして、ブラウンシュガー&バター風味のアイスに混ぜた。

ちなみに、セミの羽は煮る前にほとんど取り除かれているのだが、パリパリとした食感を出すという理由で、少しだけ加えられたという。このセミアイスを売ったところ、なんとバカ売れ。従業員がお店のショーケースに入れる間もなく、ものの30分ほどで売り切れてしまったとか。

お店が第二弾を出すのをお客さんが期待していたところ、出てきたのはなんと「次の生産は2024年です」という貼紙。これには、みんながっかり……。なぜ、突然生産中止となってしまったのか? なんでも、地元の衛生当局が、セミ料理一般について適切な調理温度を行政指導できながったのが原因だったとか。

「食品規定のなかに、セミに関する記述がないのです。だから、私たちはセミアイスの生産を控えるよう助言したのです」と衛生当局は語った。スパーキーのオーナーは、「セミアイスは、できれば細々と長いことやっていきたかった」と、とても残念そうだ。ところで、衛生当局の判断は正しかったのだろうか?

イリノイ大学の専門家によると、たしかにセミは食べられるそうだ。実際、昆虫は1400種以上が食用として認められている。しかし、庭にいるセミの体内には余剰殺虫剤が残っている可能性があり、これが人体に影響する可能性があることも指摘している。やはり、当局の判断は妥当であると言えそうだ。

ところで、このセミアイスを食べた人によると、「セミ? まぁ、ピーナツとたいして変わらないよ」と答えたそうだ。

参照元: npr.org (英文)