「強制プロポーズセット」「強制入籍セット」の販売で話題のザ・ベスト・サプライズ社が、今度は、結婚ともに節電を呼びかける新商品「強制“節電”入籍セット」を発表しました。

東日本大震災の影響により、この夏、積極的な節電が求められています。ただ、晩婚化が進み独身一人暮らしの人が多くなり、世帯数が増えたこともエネルギー消費増加の一因といわれています。そこで「一人暮らし同士のカップルが一緒に住めば、消費電力を半減させることができるのではないか」と考え作り出されたのが、この「強制“節電”入籍セット」です。

ザ・ベスト・サプライズ社によると、全国の25歳から44歳の独身者1,400万人が結婚して節電をすれば、東京電力の電力不足量1,500万kWの1/4が節電できるとのこと。これなら一人暮らしよりも結婚したほうが、節電に貢献できるという考えです。

「強制“節電”入籍セット」の中身は、以下の通り。

■誓約書
「本物の指輪を買うために貯金します」という誓約書。まずは気持ちが大切です。

■ぶたの貯金箱
「貯金が貯まったら結婚指輪を購入する」という約束の象徴。貯金がない彼でも大丈夫。

■プロポーズリング
結婚の約束をするためのリング。サイズ調整自由で指が太めの女の子も大丈夫。

■婚姻届
正式な婚姻届です。印鑑と朱肉、記載方法説明書つきで、すぐに提出できちゃいます。

その他、オリジナルの「電気は節電、愛は発電」チェックシート、ロマンチックな「バスアロマキャンドル」もついています。節電に励みつつ、二人の将来も着実に進めることができる、なんとも実用的な商品です。

確かに一人暮らしをしていると、なにかとお金がかかって「これなら二人で暮らしたほうがいいよな」と思うこと、ありますよね。その分、エネルギーもたくさん使っているもの。もしお互い一人暮らしをしていて、そして結婚したいと思っているのならば、「強制“節電”入籍セット」が役に立つかもしれません。

この「強制“節電”入籍セット」、価格は9,248円(急に幸せ)で、「恋人の日」である6月12日に発売されます。

寄稿:Pouch