もしも2500円の支払いを全部1円玉でする人がいたら……? きっとムカつくに違いない。アメリカでそのような行為をして警察に通報された人がマスコミに報じられ、物議をかもしている。

これはアメリカ・ユタ州でのできごと。2011年5月27日、ジェイソン・ウェストさん(38歳)は、自分が支払うべき25ドルの請求書を持って地元のクリニックを訪れた。「支払いは現金でいいか?」と窓口のスタッフに確認してから、彼はなんと1セント硬貨をドサッとその場に放り、「数えてくれ」と言ったそうだ。

25ドルといえば1セント硬貨2500枚。重さにして、約6.2キロだ! こんなものを渡されたら、それこそたまったものではない。しかも、お金はカウンターや床に散らばってしまい、スタッフは完全にキレて警察に通報。

ウェストさんはその場を逃走するも、警察が追跡して彼に出頭通告をした。そして「迷惑行為」により罰金140ドルの支払いが命じられたのだ。せっかくお金を払ったのに、さらに高額な罰金をくらうというのはちょっと可哀想な気もするが、自業自得といえよう。

140ドルということは、今度は1セント硬貨1万4000枚(35キロ)だ。もしかして、これも硬貨で払うのだろうか? ちなみに我が国日本では、支払いに使える同一硬貨は20枚まで。だから、それを超えると受取りを拒否されることがある。1円玉も支払いに使うのなら20枚までにしよう。

参照元: metro.co.uk , rcayao.com (英文)