エジプト人でありながら日本でタレントをして活躍し、その美貌とスキルで多くのファンから支持を得ているフィフィさん。そんな彼女が公式ブログで芸能界の実態を告白。数週間前に自殺した上原美優さんとのエピソードや、芸能界の裏話について包み隠さず語っている。

2011年6月9日午前3時、フィフィさんは自身の公式ブログに「芸能人の孤独」というタイトルでブログ日記を書き、「枕営業して仕事取ってるとかさ、一般人とは付き合わないとか、いいとこに住んでるとか、優雅なランチとか。そんなの、少なくともわたしとは無縁だからさ、ほんと無縁だからさ」と吐露。これを読んだインターネットユーザーらは「芸能人でも売り上げに貢献してるやつは年収高い」や「華やかなのはほんの一握りなんてこと皆理解してる」などの声を掲示板に書き込んでいる。
 
・フィフィさんの書き込み
「芸能人って美味しいもの食べてる。業界人と朝までいいとこで飲み歩いて、遊び感覚で仕事してんのに、月に数百万稼いだり。玉の輿に乗って、ベビーシッターいるのに育児と仕事の両立とか語ってみたり。でもさ、わりとブラックな繋がりとかさ、ドラッグとかさ、枕営業して仕事取ってるとかさ、一般人とは付き合わないとか、いいとこに住んでるとか、優雅なランチとか。そんなの、少なくともわたしとは無縁だからさ、ほんと無縁だからさ。一応、こっちが望んで無い時は芸能人とか言われてさ、普段は素人みたく扱われたり、そんなわたしは月に五千円の給与明細貰ったりしてさ、子供と二人どう生きて行けばいいの?なんて途方にくれたものです。この世界にいてもなお、全ての芸能人が華やかに生活してる訳じゃ無いのね。だから、1人悩みを打ち明けることの無いまま。芸能人は孤独なんです。。。私の感想ですが。それが芸能人を追い込んでるんじゃないかなと思うんです。そんな風に思われてるから、誰もほんとの自分をわかってくれない、、華やかなのはスポットライトがあたったほんの一瞬。みんなが観てるのもそのほんの一瞬。いつも、笑顔なわけないのに、泣き顔を誰が受け止めてくれるだろう」(引用ここまで)
 
フィフィさんは、芸能人だからといって華やかな生活をしているとは限らないと言いたいようだ。また、フィフィさんは自殺した上原さんとの関係についても言及。「上原美優さんが亡くなられたことを知り、今ショックが大きくて、いまだに信じられないでいます」「初めてお仕事したときは彼女の頭突きに驚かされました」とブログに書いている。

フィフィさんはきっと、とても繊細な女性なのだろう。繊細がゆえ、まじめに生きてしまい、いろいろと悩んでしまうのかもしれない。いつまでもその美貌とトークで日本の芸能界を華やかにしてほしいものである。ちなみにフィフィさんのブログに掲載されているクレオパトラのコスプレは実に妖艶でセクシーだ。

参照元: フィフィ オフィシャルブログ