タイのマクドナルドには、3種類のマックフライポテト用ソースが存在する。日本ではトマトケチャップのみだが、どうしてタイのマクドナルドには3種類もケチャップの種類があるのだろうか?

そこで取材班は、タイのマクドナルドに行ってどんなソースがあるのか取材をしてみたぞ! もしかしてトムヤムクンみたいな味になるソースがあるのかも……!?

タイのマクドナルドでは、マックフライポテトにつけて食べるためのソースを3種類用意しているが、店員からソースをもらうのではなく、セルフサービスでソースを容器に入れるスタイルになっている。

マックフライポテトを注文すると、店員からソースを入れるためのプラスチック容器を3つ渡される。ソースが入ったポンプ式のボトルをプッシュして容器にソースを入れるのだが、確かに3種類のソースが用意されていた。

トマトソース、アメリカンケチャップ、チリソースである。トマトソースは非常にあっさりとした純粋にトマトの味に近いソースだ。アメリカンケチャップは味が濃くて酸味がやや強いように感じた。チリソースはタイ独特のもので、あまり辛くないうえに甘さを感じるものになっている。

マックフライポテトには最初から塩が付着しているが、タイ人たちはよりさまざまな味を求めて3種類のソースにつけて食べているようだ。他のお客さんを見てみたが、みんなソースを3種類用意して食べていた。世界中どこに行っても同じ美味しさを提供しているマクドナルドだが、こういう地域差は非常に面白いものである。

写真: RocketNews24.
Correspondent: Kuzo