早朝から満員の通勤電車にゆられ、昼間はバリバリ仕事をこなし、夜は飲みニュケーションで帰りの電車でもまたぐったり。毎晩疲れきった状態で帰宅するという世の働くみなさん、本当にお疲れ様です。

余計なお世話かもしれませんが、そんなみなさんにあまり良くない研究結果が発表されたのでご紹介します。なんと通勤時間が長い人ほど離婚する可能性が高いというのです。

これは、5年の歳月をかけて200万人を対象に調査した結果によるものです。この調査からわかったのは、通勤時間が45分以上の人はそうでない人と比べると離婚率が40パーセント高くなるということ。そしてこの傾向は、熟年夫婦よりも結婚後数年以内の夫婦間で最も顕著だったそうです。

専門家によると、「通勤するだけで長時間かかってしまうと、帰宅した時には家事などを手伝う時間も体力もなくなっているのです。これが夫婦喧嘩の原因となり、離婚に至るケースも少なくないようです」とのこと。また、結婚期間がそんなに長くない夫婦間で離婚率が高かったのは、理想と現実のギャップがあるからだそうです。

「特に夫婦のどちらかが専業主婦(夫)の場合、家にいる時間の差が極端に大きくなります。その上通勤時間が長いせいで家にいる時間がより短くなると、『疲れているし家事をやる時間なんかない』という通勤者と『こっちが全部やって当たり前だと思うな』という専業主婦(夫)とでお互いに不満が募るようになるのです」とのこと。

専業主婦(夫)だからといって「当たり前」だと思われるとイラッとするという方もいるようですから感謝の気持ちは忘れないようにしたいですね。と同時に、長い短いにかかわらず、満員の通勤電車というものは誰にとっても非常にストレスになるものですから、相手をいたわる気持ちも忘れたくないものですね。

参照元:Mail Online(英文)