ダイエットをしているほとんどの人が、ケーキやチョコレートなどカロリーが多いとされる甘いものは避けているだろう。しかしお酒はどうだろうか? イギリスでは3人に2人がアルコールにどのくらいのカロリーが含まれているのか知らずに飲んでいるらしく、多くの人がアルコールの多大なカロリーによってダイエットの努力を水の泡にしているらしい。

今回アルコールが持つカロリーの多さを訴えかけているのはイギリスの慈善団体「Drinkaware」で、彼らによると消費者の約半数がダイエットを試みているにも関わらず、アルコールの量を減らすつもりでいる人は全くいないとのこと。

また、彼らがイギリスの成人2000人を対象に調査を行ったところ、3人に1人が来月のカロリー摂取量を計算するよう計画していたのだが、お酒のカロリー摂取量を計算する予定なのは10人に1人しかいなかった。つまりイギリスでは、お酒のカロリーの多さについて知らない人がそれほど多いということだ。

それでは実際に、アルコールにはどれくらいのカロリーが含まれているのか見ていこう。

アルコール度数4%のラガービール1パイント(500mlの缶約1本分)=砂糖でコーティングされたドーナッツ(193キロカロリー)

アルコール度数5%のラガービール3パイント(500mlの缶約3本分)=苺パフェ2杯(727キロカロリー)

ジントニック2杯=キャラメル4粒(104キロカロリー)

ワイン1杯=チョコレートアイス(134キロカロリー)

シャンパン1杯=糖蜜タルト1切れ(95キロカロリー)

これほど多くのカロリーがお酒に含まれていることは本当に知られていないようで、約半数の人がチーズバーガーには337カロリーあることを知っていたにも関わらず、175ミリリットルのワインに134キロカロリー含まれていることを知っていた人は3分の1以下だった。

つまり今回の調査結果は、お酒のカロリーについての無知が人々の肥満をもたらしていることを示唆している。これを受けて、Drinkawareの代表者クリス・ソレク氏は「きっと彼らは、生活の違う部分では健康にいい選択をしていることでしょう。しかし、ワインボトル一本をパートナーと分け合いながら飲んでも一日の適正飲酒量を超えること、そしてそれがチーズケーキ1切れと同じカロリーを含んでいることはきっと知らないでしょう」と語った。

ダイエットの敵とも言えかねないお酒。しかしお酒には、仲間との楽しいひと時をもたらしてくれるという素晴らしい一面もある。よってこれからは、そのカロリーをしっかりと意識しながら、上手くお酒と付き合っていきたいものだ。

(文=田代大一朗

参照元:DailyMail(英文)