普通にデザートとしてだけでなく、日々の健康のために食べている人も少なくない食品の一例としてヨーグルトがある。いつもは砂糖を入れたりジャムを混ぜたりして食べることが多いが、実はそれだけではヨーグルトの本当のウマさを楽しむ事はできない。

じゃあどうすればいいんだよ!という方々のためにヨーグルトの真価を発揮する、超ウマな食べ方を今回はご教授しよう。それは非常に簡単なやり方なのだが、あまり今まで広まっていなかったことが不思議に思えるぐらいである。

その方法は「ヨーグルトの水を切る」だけ。それだけでウマくなるのか疑問に感じた人は是非やっていただきたい。水分を程よく抜くことでサワークリーム風になったり、クリームチーズに似た食感にヨーグルトを変化させることができるのだ!

水切りの方法はコーヒーメーカーのフィルターの上にコーヒーの粉代わりにヨーグルトを入れラップし、冷蔵庫に置いておくだけでOK。無い場合はザルにキッチンペーパーをしき、その上にヨーグルトを入れても良いだろう。

30分ぐらい置いておくと程よく水分が抜け、丁度サワークリームのようななめらかさになる。生春巻きのソースに使ったり、サワークリームの代用としてクッキーに入れたりしても一味違った風味を楽しめる。

また、5時間~1晩置いておくとほぼ水分が抜けてクリームチーズと同じぐらいの硬さになる。実際に作ってみて記者はこれがヨーグルトの真価を発揮する状態だと思った。

なぜかというとブラウンシュガーやハチミツ、ジャムをかけただけでも酸味と甘みがベストマッチし、余分な水分が無いので両者の濃厚な味わいを感じることができる。それだけでなくチーズの代用とし、クレメ・ダンジュやスフレ・チーズケーキの材料としても活用できるのだ。

そのまま食べても良し、製菓に使うチーズやサワークリームの代わりとしてやや強い酸味を活かし、暑い時期にピッタリのさっぱりしたデザートを作るも良し。「ヨーグルトの水切り」騙されたと思って是非一度試して頂きたい。

使用商品:ナチュレ恵
参照元:雪印メグミルク 恵クッキング