見ているだけで足がすくみ、手に汗を握ってしまうド迫力の一枚。地上200メートル以上はあろうかと思われる超高層ビルのへりに座り、この激コワ写真を撮影をしたのは、カナダの旅行カメラマン、トム・リャーボイさんだ。

彼の高所好きは筋金入りで、高いところに立つとアドレナリンが一気に放出。スリルを追求した結果、メチャメチャ高い所で撮影の新境地を開拓したのである。現在、そんな彼の「超高所からの見下ろし写真」が世界中で大きな反響を呼んでいる。

公開中の写真は、どれもこれも迫りくるような臨場感。まるでその場に立っているような気にさえなってくる。高い場所が苦手な人は、写真を見るだけでも「無理!」となってしまうかも知れない。

リャーボイさん自身、大都市を象徴する摩天楼ビルの屋上に初めて立ったときは、言葉にならない感動と興奮を覚えたそうだ。「みんなも1度は屋上に立って、この気分を体験してみるべきだよ」 と気軽に勧めているが、高所恐怖症の人にとっては失神レベルの体験になること必至。

ちなみに彼の「高いところ好き」は幼少時から。高くそびえる冷蔵庫を弱冠2歳で登頂し、仕事から帰宅した両親の様子を見下ろしていたそうだ。一体どのようにして冷蔵庫の上に這い上がったのか? 両親はいまだに首をかしげているらしい。

現在世界は高層ビルの建設ラッシュ。数年先にかけて世界各地で超超超のつく高層ビルが完成予定となっている。今後のリャーボイさんの作品が楽しみでもあるが、くれぐれも落下しないように気をつけてほしい。

参照元:Daily Mail