飛行機や長距離バスでドキドキすることと言えば、「隣の席の人はどんな人?」ということではないだろうか。席は選べるが人は選べない。場合によっては旅の良し悪しの決定打ともなってしまったりもするが、思い出やドラマが生じることも否定はできない。

海外の画像サイトにアップされたバス車内の写真からも、そんなドラマが垣間見られる。マクラを使って熟睡するオジサン。しかし、どうも格好がセクシーすぎるのである。

紺色のホットパンツを履いているのだろうか。しかし、絶妙にロールアップされて紺色ブルマー風になってしまっているのだ。しかもシャツは純白のホワイト。日本人から見ると、体操着コスプレをしてるように見えてしまったりもする。

カメラ目線で何かを訴えるブラザー。それに対し、気持ちよさそうにグッスリのオジサン。これぞ旅の醍醐味である。思い出の1ページになったことは間違いない。

参照元:the CHIVEl(英語)