1979年7月に発売されてから30年以上愛され続けているお菓子といえば『うまい棒』(やおきん)だ。10円という価格設定は発売当初から変わっておらず、いまも変わらず子どもたちのオヤツとして人気を博している。

皆さんは、そんな『うまい棒』をカッコ良く開ける方法をご存知だろうか? 立ったままの姿勢で『うまい棒』をにぎり、足をあげて太ももに打ちつけて「スポーーン!」と中身を出すという開け方である。

いまインターネット上ではこの「うまい棒のカッコイイ開け方」が話題となっており、多くの人たちがチャレンジしているという。しかし、なかなかうまく開封できないようで、「何度やってもダメだった」という人や、「中身が粉々になってしまった」という人が続出しているという。

そこで今回、取材班も実際に「うまい棒のカッコイイ開け方」にチャレンジ。偶然なのか生まれもっての才能なのか、ちゃんと開封することに成功! どうやら、うまく開けるにはいくつかテクニックが必要のようだ。

まず、『うまい棒』の上部をにぎるようにする。そうしないと、うまく中身が飛び出ないのである。また、思いっきり『うまい棒』を太ももに叩きつけることが重要だ。遠慮して弱く叩きつけても『うまい棒』の中身は出てこない。思いっきり叩きつけることで、中身と空気の圧力で開封されるからだ。

皆さんも、一度この「うまい棒のカッコイイ開け方」にチャレンジしてみてはいかがだろうか? 熟練の『うまい棒』マニアじゃないと成功は難しいかもしれないが、がんばればきっとできるはずだ! え? その努力をもっと別のことに使えって? ……確かに!!

写真: RocketNews24.
[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]

[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]