吉野家が冷凍牛丼の具を販売しているのをご存知だろうか? 牛丼の具は15個セットで5250円(税込み)で、1袋350円ということになる。いつでも好きな時間に家で吉野家の味を楽しめるのは非常に嬉しい。買いだめしてる人も多いのではないだろうか?

しかし吉野家マニアX氏によると、吉野家の牛丼の具は買わずに、吉野家で牛皿を購入してそれをテイクアウトし、冷凍保存して食べているという。そちらのほうが安上がりで、さらにカロリーも多くてエネルギーになるというのだ。

X氏はこう語る。「牛皿は1個1個ちゃんとフタ付きの容器に入れてくれるので、冷凍保存に向いてるんです。牛皿は1個85グラムでカロリーは266kcal、冷凍牛丼の具は135グラムでカロリーは263kcalなんですよ。グラム数は牛皿のほうが少ないのですが、カロリーは冷凍牛丼の具より多いんです。しかも牛皿をツユダクやツユダクダクにすると重量も100グラムを超えますからとってもお得です。なにより、価格が70円も安いのが嬉しいですよね」
 
・牛皿(持ち帰り用)
重量: 85グラム
カロリー: 266kcal
価格: 280円

・冷凍牛丼の具
重量: 135グラム
カロリー: 263kcal
価格: 350円(最低15個からのセット販売)

・牛皿冷凍保存の利点
冷凍牛丼の具より安い
冷凍牛丼の具よりカロリーが摂れる
ツユダクやツユダクダクができる
1個1個容器に入れてくれるので冷凍保存しやすい
唐辛子や紅生姜を無料でもらえる
割り箸ももらえる(環境保護のためもらわないのもアリ)
 
しかしX氏は「もともと牛皿はすぐに食べることを前提として作っているので、冷凍保存することを前提に作られていません。消費期限は数時間なんです。保存状態が悪いと痛むので、私のマネをする場合は自己責任でお願いします。まあ、マネしないでください(笑い)。私だけの特殊な食べ方ですから」とも語っているので、この食べ方は決してオススメすることはできないのであしからず。また、牛皿の容器は電子レンジに対応していないので、温める場合は別の皿に移してから食べているという。

写真: RocketNews24.