1982~90年に週刊ヤングマガジンで連載されていた漫画『AKIRA』。大友克洋氏の作品で、日本のみならず海外でも大ヒットし、現在ハリウッド版映画作品の制作が進められている。映画の公開が待ち遠しいのだが、この作品を象徴する金田のバイクが、販売されているようだ。

金田のバイクとは、本編の主人公金田正太郎のもので、全長約3メートル、エンジン1万2500回転、両輪駆動の近未来バイクだ。真っ赤な車体と、鋭いフォルムに憧れを抱いたファンも少なくない。

国内外のバイクカスタムメーカーは、こぞって自作にチャレンジし、1988年の劇場公開の際には、ゲーム会社のタイトーがスポンサーとなり、ホワイトハウスというメーカーに漫画に忠実なレプリカを制作している(現在、海外で行方不明)。

売りに出されているレプリカは、もともとラッパーのカニエ・ウェストのプロモーションビデオのために制作されたもの。彼の2007年の作品『ストロンガー』のPVに登場する予定だったが、結局カットされ、レプリカも売られることになったのだ。

販売価格は4000ドル(約33万4000円)。カニエ・ウェストとPVを制作したプロデューサーのサイン付きとのことだ。サインはなくても良いような気がするのは、記者だけだろうか……。

参照元:Film blogging the reel world(英文)

▼ カニエ・ウェストのPV。金田バイクが登場するはずだったが、そのシーンはカットされた。