台湾のテレビ局・中天電視が、日本の天皇皇后両陛下や被災者を侮辱するかのようなバラエティー番組を放送したとして物議をかもしている。なかには「民度低いな台湾人」と激怒している日本人もいるようだ。

お笑い芸人が天皇皇后両陛下のモノマネをし、東京臨時避難所にいる被災者のもとを訪問するネタが放送されたのだ。形式としては、日本のバラエティー番組にもよくあるショートコントのようなものである。

問題となっている番組は、中天電視のバラエティー番組『全民最大党』。この番組は、お笑い芸人やタレントが韓国や北朝鮮、中国をパロディー化したコントを放送することがあり、今回の日本の天皇皇后両陛下もその流れでパロディー化したものと思われる。

このコントに対して日本のインターネットユーザーらは「これは全力で行く。今から抗議活動に入る」「抗議メール送りまくるわ」、「謝罪するまでずっと戦うぞ。血の気が引いた」、「これは許すまじ。全国規模で抗議だな」、「わりとどうでもいい」、「被災者まで出してコントするのはちょっと酷いな」と意見や感想をコメントしている。

番組に「日本を馬鹿にしてやろう」という気持ちはないと思うが、日本人からするとあまり気持ちのよいコントには見えなかったようだ。

とはいえ、台湾人の多くが日本の震災を自国のことのように心配している。このような番組が放送されたからといって、台湾人を一括(ひとくく)りにして批判しないほうがいいだろう。

【続報】
天皇陛下と被災者をパロディ化した台湾テレビ局が謝罪「不敬な気持ちは一切ない」

参照元: YouTube mocaca0918.