俳優の田辺誠一さんが、自身の公式Twitterアカウントで「東北地方太平洋沖地震の情報」を書き込みしまくっていることが判明した。田辺さんは地震が発生した2011年3月11日から、地震に関する情報を連続して書き込みしているのである。

支援・救援サイトの情報や各地の現状、そして自分なりのアドバイスを気書き込みし、日本全国のインターネットユーザーらに役立つ情報を配信している。そういう行為ならば他の一般人ユーザーもしていることなのだが、田辺さんには14万人以上ものフォロアーがおり、その影響力は絶大。以下は、田辺さんが書き込みした地震情報の一部を抜粋したものである。

・田辺誠一さんの地震に関する書き込み
「i mode、ez web、yahooケータイ等の伝言ダイヤルの方法です。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110311-00000051-zdn_n-inet

「softbank、yahooケータイ 災害伝言板の方法。 http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html?cid=gakuTM11020701

「AUの災害伝言のページです。 http://dengon.ezweb.ne.jp/

「i modeの災害伝言板の方法です。 http://www.nttdocomo.co.jp

「googleの様々な地震の情報を集めたページです。 http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html

「地下鉄の運行状況のページです。 http://www.tokyometro.jp/unkou/ http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/subway/schedule/index.html

「出来れば透明のコップ(プラスチック等)に水を入れて見えるところに置いて、少しでも揺れたら直ぐに対応、落ち着いて安全な場所へ」

「小田急線が再開されたようです。 http://www.odakyu.jp/cgi-bin/user/emg/emergency_bbs.pl

「東急も再開したようです。 http://www.tokyu.co.jp/

「Google Map 東京都内避難場所 http://maps.google.co.jp/maps/ms?hl=ja&gl=jp&ie=UTF8&oe=UTF8&msa=0&msid=215507572864740295322.00049e31ae027259c4dda

「現在の地下鉄の運行状況のページです。 http://www.tokyometro.jp/unkou/ http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/subway/schedule/index.html

「消防庁Twitterアカウントです。各種情報。 @FDMA_JAPAN

@NHK_NEWS 各種の情報が更新されています」

「宮城県避難所一覧 http://www.pref.miyagi.jp/kikitaisaku/wagayade/hinan_bashoshin/hinan_top.htm

「iPhoneから災害用伝言板が使えるアプリが出たようです。wifiを切って3Gで使うようです。 http://itunes.apple.com/jp/app/id425650996?mt=8

「節電のお願いの記事です。 http://www.jiji.com/jc/zc?k=201103/2011031200282&rel=y&g=soc

「携帯通話、携帯メールは使えなくても、SMS(ショートメール:電話番号で送る)は比較的使えるようです。ただ日本のSMSは同じ携帯会社同士でしか使えません。SMSはパケット契約をしていない方でも使えます」

「各携帯会社の災害伝言板に登録すれば、違う携帯会社に登録された情報も見ることが出来るようです。 http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi http://dengon.ezweb.ne.jp/ http://dengon.softbank.ne.jp/

「willcom、e-mobile災害伝言板確認アドレス。 http://dengon.emnet.ne.jp/ http://dengon.willcom-inc.com/ http://dengon.clubh.ne.jp/
tanabe1969 引用ここまで

……などなど、いま現在も田辺さんの支援・救援情報の書き込みは続いている。しかも、けっこう使える情報だから驚きだ。ケータイ通話やケータイメールが使えなかったり遅延しているこの状況。地震が怖いからとあせっていては二次災害に遭いかねない。的確な場所で的確な情報を得て、的確な行動をとるようにしよう。

参照元: Twitter tanabe1969.