先日、ついにiPad2の機能が発表された。しかし、技術面の問題のせいか、期待されていた機能がそれほど搭載されておらず、多くのiPadファンが肩を落とした。そこで、パソコンオンライン雑誌「PCMag」の編集者ブライアン・ヒーター氏が、くよくよせず次のiPadに期待しようとiPad3に搭載してほしい7つの機能を書き上げた。

iPadユーザーの声がかなり反映されたものとなっており、これがすべて搭載されればかなりのものになるだろう。それでは、iPad3への期待を膨らませながら、ヒーター氏が要望する機能を見ていこう。

1.SDカードスロット
今のところ、iPad2にはSDカードスロットは搭載されないとされており、メモリー不足が起こった場合どうするのかという問題が未だに残っている。ヒーター氏は苦肉の策として、「iPad Camera Connection Kit」のSDカードリーダーの使用を挙げているが、やはり最初から搭載されていてほしいとのこと。

2.USBポート
ヒーター氏が、iPad3にどの機能が欲しいかと仲間たちに聞いてみたところ、USBポートがダントツで1位だったとか。確かにUSBポートがあれば、様々なアクセサリーと接続ができ、その利便性はぐんと上がる。しかし、先にも挙げた「iPad Camera Connection Kit」はUSBアダプターも使えることから、Apple内でUSBポートの搭載が重要視されているかは不明。

3.4G コネクティビティ
今後発売される多くのタブレットが、 4G コネクティビティにアップグレードできるとされており、iPad3が発売される頃にはこれが普通になっているだろうとヒーター氏は予想する。特に、Appleが噂通り「MobileMe」や「iTunes」を改良した場合、より速いデータ転送が必要となり、4G コネクティビティは必須の機能となってくる。

4.より充実したワイヤレスコネクティビティ
1年前まで、アメリカでは「AT&T」のワイヤレスネットワークしか利用できなかった。これからAppleがGSM、CDMA、 HSPA+、 LTEといった通信方式で、ワイヤレスネットワークを「Sprint」や「TMobile」にひらいていくかが今後、注目される。

5.Retinaディスプレイ
これは、実現可能なのかが最も議論された機能のひとつである。しかし実際には、iPad2では実現ならず、高解像度ディスプレイを待ち望んでいた人たちにとって、ガッカリさせられるものとなった。これから高画質のビデオやゲームの需要が増えていくことを考えると、Retinaディスプレイの必要性もきっと高まっていくことだろう。

6.3D機能
この機能を挙げた理由としてヒーター氏は「今の流行だから」と言っており、それほど重要な機能とは考えてないようだ。また、Apple自身も搭載したがってないとのこと。

7.Thunderboltポート
Thunderboltとは、「MacBook Pro」に搭載されたI/Oインターフェイスのことで、これにより超高速データ転送が実現した。iPad2への搭載には間に合わなかったが、これからThunderboltに多くの人が魅了され、iPad3の機能として誰もが欲しがるものになるだろうとヒーター氏は踏んでいる。

どうだっただろうか? あなたが欲しいと思っていた機能はあっただろうか? 実際に搭載されるか分からないが、こうやってみんなで議論していれば、きっといつかApple本社にも声が届く。そう願って、これからもどんどん熱く議論していこうではないか!
(文=田代大一朗

photo by flickr Rego – d4u.hu
参照元:PCMAG.COM(英文)