3月2日にYoutubeに公開されたある動画が、海外のネットユーザーの間で話題を呼んでいる。その動画とは、「スケルトニクス」と名付けられたパワード・スーツを自作したもので、2月28日にニコニコ動画に公開後、別にユーザーによってYoutubeに転載されたのである。これが話題となり、海外ネットユーザーからは「すげえ!」、「どこに行ったら買えるんだ?」など、軒並み高い評価を得ているのだ。

この作品を完成させたのは、学生3人が主宰する「スケルトニクス製作委員会」だ。彼らは半年をかけて、スーツをゼロから完成に導いた。

動画の冒頭で、「ロボットに乗ってみたい。そんな思いで作り始めました」と、制作に取りかかったきっかけについて説明している。そして、2つのコンセプトにこだわった。まず1つが「人間以外の動力を使用しない」、もう1つが「四肢の動きを2倍程度に拡大」。このこだわりを貫き、出来上がったのがスケルトニクスだ。

かなり大雑把に見えるのだが、想像以上に細かい動きをする。たとえば、物をつかんだり、投げたりするのも思いのまま。スーツを着用して走ることさえできるのだ。この作品に海外のネットユーザーは、大興奮で次のようなコメントを寄せている。

【スケルトニクスについての海外のネットユーザーの反応】

「欲しーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい」
「おい、どこで買えるんだ?」
「俺も1つ欲しい」
「あと10年したら、ガンダムが完成するぞ」
「すごい!!」
「くれくれくれくれくれくれくれくれくれくれくれくれ」
「アイアンマンだな」
「発明だぞ」
「ところで、俺はいつアイアンマンになれるんだ?」
「日本人はすげえ頭いいな」
「いい仕事だ」

など。絶賛に次ぐ絶賛。多くのユーザーが、手に入れたいと考えているようだ。

海外からも高評価を得た訳だが、今後はいかなる進化を見せてくれるのだろうか。いずれにしても、彼らのさらなる活躍に期待したい。

参照元:Youtube xttukai