生肉で作られたドレスを着たり、おにぎりに似ていたりアルパカに似ていたりえのき茸に似ていたりと、何かと話題に事欠かない世界の歌姫「レディー・ガガ」。

昨年の第52回グラミー賞でも数多くの賞にノミネートされた彼女だが、なんと第53回となる今回は新曲の『ボーン・ディス・ウェイ』を式で披露。その見事なパフォーマンスに会場は熱気の渦に包まれたようだが、観客が一番驚いたのは奇抜すぎる登場方法であった。

それはなんと、上半身裸のマッチョな男性や黒ずくめの衣装を着た女性などが担いで運んできた、「卵」からの登場である。

この登場方法については新曲の誕生をイメージしたようだが、原始時代さながらの恐竜の卵のような物から生まれるパフォーマンスは流石レディー・ガガといったところか。

日本でも16日から主要な着うたサイトで配信が決定しているようなので、リトルモンスターたちは必ずチェックしておこう。

screenshot:Rap-up

■参考リンク
Rap-up