あるウェブサイトに掲載された、メモ用紙に書かれた内容が話題を呼んでいる。
さて、あなたには分るだろうか?

【メモの内容】
・三人で食事に行きました。
・食事代は75ドルだったので、ひとり25ドルの割り勘にしました。
・レジで5ドルの割引があったので、2ドルをチップにし、残った3ドルを3人で分けました。
・つまり1人に1ドルが戻ってきたので、1人頭24ドル払ったことになります。

しかし、

$24×3=$72
$2(チップ)
―――――――――
$ 74

1ドルは、どこに行ったのでしょう?

……悩んでも分らない人のために、1ドルの行方をお答えしよう。

75ドルの支払いが、5ドルの値引きにより、70ドルになった時点で、75という数字は完全に消滅しているのである。つまり、支払い合計は72ドル(1人24ドル)であって、75ドルはどこにも存在しないのだ。

ただ、文章の流れにより、75ドルが最後まで存在するかのような錯覚に陥ることにより、なんとも狐につままれたような気分になる。言葉とは面白いものである。

参照元:Imgur