人気ゲーム会社・アルケミストの代表取締役社長・浦野重信氏が、次世代プレイステーション・ポータブル『NGP』(正式名称: Next Generation PSP)の価格を予想し、大きな話題となっている。浦野社長は『NGP』の価格を「59800円」と予想しているという。

プレイステーション3が発売された当初、価格が5~7万円と高額なこともあって、なかなか売れ行きが思わしくなかった。もし本当に59800円で発売されるのだとしたら、プレイステーション3と同じ状況に陥るのではないだろうか? いくらなんでも、おもちゃに59800円は高額すぎる。この『NGP』の価格予想について、浦野社長は以下のようにブログでコメントしている。

・浦野社長のブログコメント
性能は、ともかく価格の発表がなかったのがとっても気になります。競合の任天堂が25,000円と手の内を見せているのに戦略的な発表ができなかったのは、きっと価格が高すぎるからなのでしょう。勝手に価格を想像すると「39800円でNTTの3G回線2年縛り」なんて事になるのかもしれません。回線の契約がないと59800円とかになるんじゃないのかな〜なんて、考えるとドキドキモードに突入しちゃいますよ。
(引用ここまで)

3G回線を購入と同時に契約すると39800円に割り引かれるが、本体だけを買うと59800円になると予想しているようだ。発売元のSCEがどう思っているかはわからないが、ほとんどのゲームファンは『PSP』や『NGP』をパソコン端末やスマートフォン、タブレットPCとは思っていない。ほとんどの人たちが、ゲーム機という認識をしているはずだ。そう考えると、小中学生も気軽に遊べる価格で発売するべきなのだが……。

とにかく、SCEにはプレイステーション3発売時と同じ過ちを繰り返さないで欲しいと願うばかりだ。はたして『NGP』の価格はいくらになるのか? 当編集部の予想では、29980円になると予想している。

screenshot:alchemist-net.