ローソンの定番商品といえば、『からあげクン』だ。カリカリッとした香ばしい衣がジューシィーで柔らかい鶏肉を包んでおり、ローソン独自の味付けが美味しさを引き立てているチキンフライである。税込み210円というお手ごろ価格であることから、ランチタイムだけでなく、学校や会社帰りに買っていく人も多いようだ。

そんな『からあげクン』のパッケージを皆さんは記憶しているだろうか? そう、かわいいニワトリがデザインされているキュートなパッケージである。2003年にこのニワトリのキャラクターが誕生し、現在も『からあげクン』の顔となって、全国のローソンで見かけることができる。

だが、ここで衝撃の事実が判明した。この『からあげクン』のニワトリ、実はニワトリじゃなかったのだ! ええええーーっ!? えーーーっ!? 『からあげクン』の肉はチキン(ニワトリ)のはずだが……。ニワトリ料理なのにニワトリじゃない鳥がキャラクターになっているの!? じゃあ、このキャラクターの正体は何なの?

『からあげクン』のニワトリっぽいキャラクターの正体は、なんと「妖精」なのだ! 木の妖精、土の妖精、水の妖精なんてキャラクターが映画とか小説に出てくるが、この妖精はニワトリの妖精ってことなのだろうか……。とにかく、オドロキの新事実である。

『からあげクン』は鶏肉料理なので、てっきりキャラクターもニワトリかと思っていたが、どうやら違ったようだ。この件に関して、ローソンの広報部スタッフも最近まで知らなかったようで、ローソン広報部の公式ブログ『ローソン広報 HAPPY BLOG』「このからあげクンのキャラクター……何に見えますか? ニワトリ!! と思いますよね~。残念!!!!! 実は「妖精」なんですよーーー!! 私たちも初めて知りました……!」とコメントしている。

何でも見た目で判断しちゃいけないということか。……って、どう見てもニワトリなキャラクターを「これは妖精だ!」とズバリ言い当てられる人はこの日本にはいまい。

ということで、『からあげクン』のパッケージの裏側にでも「これはニワトリではありません」とかキャラクターのプロフィールを書いておいてください。

screenshot:lawson.co.jp.
Correspondent: Kuzo