飲食店の公式Twitterがブチギレし、暴言を吐いているとしてインターネット上で物議をかもしている。アニメ画像をTwitterのアイコンにしているユーザーに対して「アニメアイコンのヒトはフォローしません。好きじゃないから」「だいたいアニメにはまっているヤツでまともなヤツを観たことが無い。文句ある?」と発言し、批判を浴びているのである。

さまざまな飲食店や企業が公式・公認Twitterを開設して客とのコミュニケーションをとっているが、フレンドリーな態度の飲食店はあれど、客が不愉快に感じる発言をする飲食店のTwitterは非常に稀である。この飲食店は東京・阿佐ヶ谷のロティサリーチキン専門店『とろけるチキン』。この店の公式Twitterは、以下のような発言をして波紋をよんでいる。

・ロティサリーチキン専門店『とろけるチキン』の発言
「アニメアイコンのヒトはフォローしません。好きじゃないから」
「だいたいアニメにはまっているヤツでまともなヤツを観たことが無い。文句ある?」
「なんか、言いがかりつけてんの?」
「ケンカ打ってんのw なら、かうけど。www」
「アニメアイコンは気持ち悪い」
「アニメのくせにw」
「ばかばかしい。所詮、ガキのマスターベーション」
「きっと まともな世間に受け入れられないヒトだから、、ま。やめとくわ。無知もいい加減にしろよ。じゃな。勝手にRTしなw」
(とろけるチキン公式Twitterより引用)

インターネットユーザーと対等の立場で雑談をしたり、コミュニケーションをとったり、たまにはクレームを受け付けたりなどしている飲食店の公式・公認Twitterは多い。しかし、ここまでスタッフ(経営側)の持論をぶちまけている公式・公認Twitterはあるまい。

それらの過激な書き込みに対して他のインターネットユーザーたちは、「いや、その、個人アカウントならいくらでも言っていいと思いますけど、お店のアカではどうなんすかね」「言ってることもなんか急におかしいし。店のアカウントで毒吐いてるのをやんわりたしなめられて逆切れとか、どうなのかね。もう行かない。最悪だわ」、「不快を通り越して恐いのでもうほっとこう」、「客商売をしてるのに店舗イメージとかまったく気にしないんですね。ヤケになって開き直ってるけど、拡大したらどうするつもりなんだろう」などの意見を寄せている。

ただ、アニメ好きというだけで人間性を否定するのはヤリスギかもしれない。アニメは趣味であり、その人の人格とはまた別のものである。ちなみに、『とろけるチキン』のチキンはかなり美味しいらしい。腕に自信があるからこそ、持論にも強い自信を持って発言をしているのかもしれない。

追記ニュース
Twitterで炎上中の『とろけるチキン』が反省の色を見せる

screenshot:Twitter.