2012年ベテルギウス大爆発か? 2つ目の太陽となる可能性も

冬の夜空に輝くオリオン座、その肩に位置する赤い巨星ベテルギウス。地球から640光年の彼方にあり、直径が太陽の1000倍という、とてつもなく大きな星だ。オーストラリアの研究者によると、そのベテルギウスが、2012年に星の最後をむかえ超新星爆発し、地球にとって2つ目の太陽となる可能性があるというのだ。この発言に海外のネットユーザーは騒然、さまざまな議論を巻き起こしているのである。

超新星爆発とは、星がその一生を終え、最後に大爆発を起こす天体現象である。実はベテルギウスは現在急速に収縮中であり、ここ15年で大きさが15%縮んだという報告がある。また2010年には、NASAがベテルギウスの表面が変形している写真を公開しているのだ。ベテルギウス爆発の前触れが各地で観測されており、いつ超新星爆発をしてもおかしくない状態なのである。もっとも、地球から見えるベテルギウスは640年前の姿なので、実際のベテルギウスはすでに爆発している可能性もあるという。

南クィーンズ大学の物理学者ブラッド・カーター博士によると、「もし超新星爆発が起きたら、少なくとも2週間は2つの太陽が見られることとなり、そしてその間、夜はなくなるだろう」と驚きの事実を語り、さらに、「このスターウォーズみたいなシナリオは、場合によってはもっと先のこととなるかもしれないが、2012年までに見られる可能性がある」というのだ。

2週間も夜がなくなってしまったら、一体どうなってしまうのだろうか? このような大規模な天体現象ともなれば、地球に及ぼす影響も計り知れないだろう。

一説によると、超新星爆発を起こした星から25光年の範囲内は、そのエネルギーで全てが焼き尽くされるという。例えば地球から8.6光年しか離れていないシリウスが超新星爆発を起こすと、地球上の生命は確実に滅亡すると言われている。カーター博士が言うには、「たとえベテルギウスの超新星爆発が夜空を明るくしたとしても、地球上に降り注ぐエネルギーの99%は無害で、人体や地球をそのまま通過していく」とのことだ。

博士は明るくなる以外の危険性はないとしているのだが、「地球滅亡に関わる危険がある」と指摘する科学者もいる。現在のところ、有識者の間でも意見が分かれているようだ。問題の時期については、どれほど精密な天体望遠鏡や最先端のコンピュータを使っても、いつ爆発するのかを的確に予測することは不可能という。実際のところ、本当に2012年にベテルギウスが爆発するかどうかは、断言できないようである。

依然、不明な点が多いのだが、「必ず近い将来爆発する」という点では、科学者の間で意見が一致しているようだ。いずれにしても、ベテルギウスが大爆発を起こしたとすれば、世紀の天体ショーになることは間違いない。オリオンの肩がなくなってしまうのは非常に残念だが、ちょっと見てみたい気もする。

screenshot:huffingtonpost.com

■参考リンク
THE HUFFINGTON POST(英文)

コメントをどうぞ

  1. 太陽電池買うかな。売電x2になるし

  2. みんな松崎しげる

  3. 古いネタだな。何で今ごろ?

  4. 月が二つ三つもいいな

  5. 起こるかもしれない状況はさておき
    見てみたい好奇心が大きい

  6. はあ。。。物理学専攻なので言わせて貰うけど
    地球から640光年先にあり、なおかつ太陽の1000倍。
    質量は約20倍あるが、三平方の定理をつかうまでもなく、
    目視で2つ目の太陽や月の大きさになるには離れすぎ。

    なれるとしたら、せいぜい超明るい点光源。
    点光源だと、光は直線距離の2乗に反比例して暗くなるから
    地球の夜がその程度でなくなることはない。

    ソースの南クイーンズランド大は物理研究に対する政府補助が
    ここ数年かなり減ってるから(ほぼゼロ)、
    気を引くためにnews.com.auにこんなpostしたんだろうけどさ。

    ハヤブサで快挙した日本なのに、こんな情報で盛り上がらないでよ。。

  7. 夜がなくなると、お父さんたちの夜の楽しみがなくなっちゃうよ。
    深夜番組も昼番組になってしまうのね。

  8. どれくらい離れてるか気になったけど、ちょっと明るくなる程度ですよね。

  9. 地球に壊滅的な被害を与える可能性としたらガンマ線バーストらしく、
    ガンマ線バーストによるガンマ線の照射によってオゾン層が破壊されるらしい。
    オゾン層自体は数年で修復されるらしいが、修復されるまでのむき出しの地表には
    それまでオゾン層がガードしていたものが全て降り注ぐ事から
    地球上の生物体系が破壊される、という説で賛否両論あるらしい。

  10. 世界が焼き尽くされるな・・・
    審判の時は近い

トラックバック

  1. 太陽が2つ?

    2012年に、太陽が2つ見える現象が起きるかもしれないという ニュースを見つけました。 太陽が2つ? 何をどうやったら太陽が分裂するのでしょうか? と思ってたら、太陽が2つ…

  2. 気持ちいい裏切られ方

    今日の『気になるニュース』    ~今日あったニュースの中から、注目ニュースをPickUp~   [一覧]  ・2012年ベテルギウス大爆発か? 2つ目の太陽となる可能性も [ロケットニュース24]…

  3. [...] ベテルギウスニュース まぁ太陽が2つできるのは2週間らしいし・・・ ん? [...]

  4. ベテルギウスが2012年に超新星爆発か?第2の太陽となる可能性も

    太陽の1000倍の直径もある巨大恒星ベテルギウスが2012年に超新星爆発を起こすという説をオーストラリアの研究者が唱えました。そうなれば640光年離れた地球にも大きな影響が出てくると…

  5. [...] ■ 「2012年ベテルギウス大爆発か? 2つ目の太陽となる可能性も」 http://rocketnews24.com/2011/01/25/2012%E5%B9%B4%E3%83%99%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%82%A6%E3%82%… [...]

  6. トラックバックURL

みんなのお気に入り