昨年から話題を呼んでいる携帯ゲーム「モバゲー」のCMシリーズ、「いい大人の、モバゲー。」。柳沢慎吾・時任三郎・麻生祐未らが出演し、トレンディードラマ風の雰囲気が40~50代を中心に支持を集めているという。そのCMにさらに新しい人物が登場。新たに加わった人物とは中井貴一だ。時任、柳沢は中井と20年来の付き合いで、過去に人気ドラマで共演しており、撮影現場ではアドリブ連発。息の合った掛け合いを見せたという。

同CMに出演している柳沢ら3人は、1983年にTBS系列で放映されたドラマ『ふぞろいの林檎たち』で共演したメンバーである。同作は脚本家山田太一の代表作だ。仕事や恋愛、人間関係に苦悩する若者の姿が当時の若者に共感を呼び、絶大な人気を集めた。主題歌となったサザン・オールスターズの『いとしのエリー』もドラマと共に大ヒット、サザン人気を不動のものとするきっかけにもなったのである。

現在放映されているCM「空港篇」で、柳沢と中井は息の合った掛け合いを見せている。実はその多くがアドリブで、台本にはない内容だったそうだ。さすが長い付き合いの2人だけあって息もぴったり。中井の出演が決定した際に、柳沢はすぐに「貴一、(CMに)出るんだって?」と電話したそうだ。また、他のキャストに「(貴一は)相変わらずシャキッとしてたよ」と嬉しそうに話していたとのことだ。

今後は時任も加わり、ますますドラマに奥行きが出てきそう。新キャラの登場は、千尋(ちひろ・役=麻生)に失恋した亘(わたる・役=柳沢)、千尋と恋仲にある圭介(けいすけ・役=時任)に何らかの変化をもたらすのだろうか? 旧知の仲である3人の息の合った絡みも楽しみなところだ。「ふぞろいの林檎たち」のように、長寿CMになってもらいたいものだ。
(文=田端あんじ・文責=佐藤英典)

▼ 新たな人物として、中井貴一演じる修二(しゅうじ)登場

▼ 役柄を越えて柳沢に接する中井

■引用元
株式会社ディー・エヌ・エー