毎日色んな人が利用する電車だからこそ、何に遭遇するか無限大! 特に、酔っ払いがゾロゾロと繰り出す年末年始は、仰天エピソードのオンパレードだ。

ネット掲示板では、ユーザーたちが不運にも目の当りにしてしまった電車内での仰天エピソードについて語り合っている。さて、いったいどんな光景だったのだろうか。

「刺身盛り合わせを食うサラリーマン」
忘年会の帰りなのだろう、酔っ払った20代後半のサラリーマンが刺身の盛り合わせを上機嫌でお召し上がりになっていた。(まぐろさん)

くせえ! 暖房がかなり効いた車内に充満する、プ~ンと漂う芳しい刺身の香り。生魚大好物の日本人といえど、不快度200パーセント超え!

「レジャー帰りの親子連れ」
そこそこ混んでいる車内で、レジャー帰りと思われる親子連れ2家族が乗り込んできた。すると、おもむろにレジャーシートを床に広げ、その上で子供たちを遊ばせていた。お座敷電車!? (焼肉定食さん)

昔学校の先生に言われた「家に帰り着くまでは遠足だから最後まで気を引き締めろ!」を、リアルに実行している真面目な家族とお見受けする。子供を立たせておくよりは座らせた方が安全で、地ベタよりはシートの上の方が清潔だ。きっと、そういう理屈。

「ドでかいハムの塊を食うOL」
30歳前後の一見普通のOL。しかし次の瞬間、魚肉ソーセージみたいな包装に包まれたハムを食べようと、歯で食いちぎろうとして必死にガチガチかじっているのを目撃! (ターメイヤ) 

ほかにも、綺麗なお姉さんが持っていたケーキの箱を、やおら開けてケーキをむさぼっていたとか、牛丼を食べているのを目撃したという人も。

みてみろ、草食系男子がもてはやされ過ぎるから、女性はワイルドな人間を求めるあまり、自らこうなってしまったのだ! 大和撫子のワイルド化は、もはや誰にも止められない。

「歯磨きをする」
40代ほどの女性が座席に座ったまま堂々と歯磨きを始めた。うがいはどうするのか? と女性に釘付けになって見ていると、ペットボトルの水でうがいして、そのまま飲み込んだ! かなり衝撃だった。(焼き豚さん)

ほかには、歯磨きをして、車両と車両の連結部分に盛大に吐き出していたという目撃証言も。

口の中がどろ~っとして気分が悪いことって、あるう! 早く口を磨きたいけど、磨けない、でも磨きたい。葛藤の末、この女性はあることに気づいたのだ。ミネラルウォーターも水道水も、うがいをしたあとの汚水も、飲んでしまえば皆同じだということに。

「車内立ちしょん」
若い母親が連れていた男の子に、車内でドアに向かって立ちションさせていたところに遭遇。当然電車が揺れると尿がほかの乗客の足元へ流れてくるので、みんな足をあげて避けていた。(さんさんさん)

漏らして下着を汚すよりは、堂々と放尿した方が後々楽ではないのかと、この若い母親は機転を利かせたようである。心配なのは、子供の将来ただひとつ。

「即席の卵ドリンクを飲むおじさん」
おじさんがリュックからコップを取り出し、そこに卵のパックから3つ取り出して割りいれ、ウスターソースを入れ(味付け?)、ゴクゴクと一気に飲み干した。地方在住の私、東京って怖いと思った衝撃の出来事。(ぶーこさん)

東京に住んでいれば、日頃からあらゆる外敵に備えなければならんのじゃい! を体を張って表現した一例。

「ポケットにシマリス」
向かいに座るタテ縞模様のスーツを着たおじさんのポケットがゴソゴソ動いていたので見ていたら、中からシマリスが!!! ポケベルのチェーンで繋ぎ、もう片方のポケットからヒマワリの種を食べさせていた。(シマシマーヌ)

俺の真の友は、お前(シマリス)だけだぜ。という、ドラマチックなライフワークを密かに楽しむ男。もし見つけたら、声をかけて脳内ドラマのキャスト仲間入りを果たせ!

「おじいちゃんの入れ歯が……」
隅の座席で爆睡しているおじいちゃん。見ると、足元には嘔吐や酒などの水たまりが広がっている。青っ鼻もでろーんと垂らしている。さらに少し離れたところには、入れ歯がコトンと落ちていた。(ぶぅさん)

こうはなるな、こうはなるんじゃねえよ、おめえら! と、おじいちゃんは全身で若者たちに訴えかけているのだろう。どんな言葉よりも心に突き刺さる衝撃のシーン。

「女子高生の着替え」
学校帰りらしき制服を着た女子高生。通路中央でバッグの中から私服を取り出し、全着替え! もちろん洋服の下でモソモソゴソゴソと行われたわけですが……。(湯たんぽさん)
 
ひゃっほおおおう、女子高生の生着替えまで見れちゃうの? 目の保養になるね……い、いや、ちがった、けしからん! けしからーん!! 真面目なサラリーマンの心を弄ぶんじゃない、なめるな小僧!!!

(引用・要約)

 
このようにドラマが日々繰り広げられる電車の中。仰天光景を目にしても、注意しようにも呆気にとられて周囲はただ茫然とするだけのようだ。はたして、あなただったら注意できるか? 一体、なんて声をかけるだろうか。明日はあなたが目撃する番かもしれない!
(記者:女婁凛子)

photo by flickr tsuda

■参考リンク
電車の中での光景