2011年1月1日に放送されたテレビ朝日の番組『朝まで生テレビ! 元旦スペシャル』で、少女(幼女?)と思われる女の子の猥褻イラストが映され、インターネット上で物議を醸している。この番組は複数の著名人が議論をするトーク番組で、今回のトークテーマは「元旦激論! 東京都の性描写マンガ規制」

コメンテーターが手に持った本を開き、他のコメンテーターや観客に内容を見せたのだが、そこに印刷されていたイラストが卑猥なものだったのである。そのページには小学生(中学生?)ほどの年齢と思われる少女が海に入っており、Tシャツが水で濡れて胸部の肌が透けて見えているイラストが描かれていた。これに対して一部の視聴者たちが「大丈夫なのか?」と思ったようで、インターネット上で問題視されているのだ。

・インターネット上の声
「テレビで騒ぐから子供が興味持つんじゃね」
「東が二次元美少女のスケスケ絵を地上波に垂れ流す」
「面白いことになっちゃってるじゃないの」
「このレベルで何がそんなに問題なの?」
「いい歳したオッサンが元旦早朝にエロマンガ論争」
「絵ヅラが濃いなぁ」
「それぐらい別にいいだろ。マジで頭おかしいんじゃないか?」
「この絵微妙だな。何がしたいのか分からん」
「エロマンガって直接言うとは思わなかったw」
「この画像を見た一般人の10割は、規制に賛成しちゃうじゃんw」
「俺ですら規制しろと思うからなw」
「でもあれは18禁だから今回の規制と関係ないだろ」
「朝生面白いな、何にも進んでないところがw」
「何が悪いのかさっぱりわからん… 」
「親に見せてどういう反応するか見てくればわかるぞ」

この猥褻イラストが映されたことにより、インターネット上では「これくらい何か問題があるのか?」という人たちと、「規制したほうがいいと思った」という人たちに意見が分かれ、考えが二分化しているようだ。「放送事故でもないよ」という考えの人もいたのも事実だ。

議論のためとはいえ、未成年も観ている番組という事も考えると、猥褻イラストを映すのはかなりの冒険的な行為といえそうだが……。ほかにも「お前ら元日の朝からエロ漫画の話とか悲しすぎるだろ。初詣行けよ」という意見も書き込みされていた。確かにそうかもしれない……。

イメージ画像: ロケットニュース24.