海外旅行に行った際、観光地として外せないのがその国の宗教建築物である。お寺にモスクに教会と、様々な宗派によって様々な建造物が建てられており、文化の違いをダイレクトに感じることのできる大変貴重なスポットだ。

そこで今回は、海外サイト「UPHAA」が選んだアメージングな宗教建築物を8つをご紹介したい。

■シュエダゴン・パゴダ(Shwezigon Paya Zedi)
場所はミャンマーの旧首都ヤンゴン。高さ98メートルの仏塔(パゴダ)である。伝説によれば2500年前に建てられたとされているが、1044年~1077年の間に建てられたという説が有力とされている。ミャンマーで最も重要とされている宗教的な建造物のひとつ。

■聖ワシリイ大聖堂(St. Basil’s Cathedral)
場所はロシアの首都モスクワ。赤の広場に立つロシア正教会の大聖堂である。1551年~1560年の間にイヴァン4世(雷帝)によって建てられた。1990年にはユネスコの世界遺産にも登録。ロシアの聖堂の中でも、最も美しい建造物のひとつとされている。

■バハイ寺院(Baha’i Lotus Temple)
場所はインドのデリー。19世紀半ばにイランで創始された一神教「バハイ教(バハーイー教)」の礼拝堂。蓮の花のような形状をしていることから、ロータス・テンプルとも呼ばれている。建てられたのは1986年。デリーの観光名所としても有名である。

■サグラダ・ファミリア(Gaudi’s Temple de la Sagrada Familia)
場所はスペインのバルセロナ。世界的に有名な教会であり、1882年3月19日に着工されたが今なお「建設中」である。建築家はかの有名なアントニ・ガウディ。2005年には、建設途中ながらユネスコの世界遺産にも登録。ガウディ没後100周年目の2026年に完成予定。

■アクシャルダム寺院(Swaminarayan Akshardham)
場所はインドのデリー。世界一大きなヒンドゥー教寺院としてギネスブックにも登録。2000に着工され、2005年に完成。ラジャスタン州の砂岩やイタリア産の大理石などを使用しており、鉄やコンクリートは使用されていない。建築には3000人のボランティアと7000人の職人が参加した。

■ムルデシャワラ寺院(Murudeshwara temple)
インドのカルナータカ州のアラビア海沿岸にあるヒンドゥー教寺院。世界一大きなシヴァ神の像がそびえ立つ。その高さは約37メートル。建築には2年の歳月を要した。なお、カルナータカ州の州都バンガロールは、「インドのシリコンバレー」とも呼ばれるグローバル都市である。

■ファイサル・モスク(Faisal Mosque Islamabad)
場所はパキスタンの首都イスラマバード。1966年、サウジアラビアの国王シャー・ファイサルの寄付によって建てられた、世界最大級の近代風モスク(イスラム教寺院)である。建物の高さは約90メートル。敷地の広さは約5000平方メートルであり、最大で約30万人の信者を収容できると言われている。

■ハッサン2世モスク(The Hassan ll Mosque)
場所はモロッコ最大の都市カサブランカ。モロッコ最大のモスク(イスラム教寺院)であり、世界で5番目に大きいモスクとされている。大西洋岸の岬に建っており最大2万5000人の信者が参拝できる広さを誇る。斜塔の高さは210メートルであり、カサブランカ市内のどこからでも確認できる。

以上8選。海外旅行に行った際の参考になれば幸いである。

(文=GO