オランダの彫刻家、バート・シモンズ氏は「3D肖像画」の専門家だ。
遠目から見ると本物の人間にしか見えない3D肖像画は、なんと紙で出来ている。つまり人間の形をしたペーパークラフトなのである。

作り方はこうだ。

まずモデルとなる人の顔、頭、首などに点状のマーキングをする。その点を元に3Dデータを書き起こし、一枚一枚テクスチャ(写真)を張り付ける。そして本人をほぼ完全に再現した3Dデータをプリントし、あとはパズルの要領で一枚一枚立体的に組み上げていくのだ。

出来上がった3D肖像画は、近くで見ると折り目やスジが見えてしまうものの、遠目から見ると完全に本人! とても紙で出来ているとは思えないクオリティである。

銅像を作りよりは、はるかに安上がりであることは間違いない3D肖像画。「思い出は立体に!」、「記念写真は3Dの立体ペーパークラフトで!」なんて言う日も、そう遠くはないのかも知れない。

(文=GO
screenshot:trendsnow.net
参考リンク: trendsnow.net(フランス語)

▼女性も見事に再現。

▼おじさんも完璧!

▼作り方はこうだ。まず点を付ける。

▼プリントしたものがこちら。

▼完成形はこう!