干しても良し、焼いても良し、煮ても良しだし肝もうまい! 攻守ともに最強とも言われる万能魚介類、それが日本が誇るスルメイカだ。

イギリスの写真家が日本の海で、大変貴重なスルメイカの生態を撮影することに成功した。

その光景とは、まるで飛行機のように海の上を飛行する青く光ったスルメイカ! 撮影者のグラハム氏(60)は「最初見たときは飛び魚かと思ったんだ。でもよく見るとイカだった!」と興奮気味に語っている。

「よく観察してみると、この青光りするイカは水面から飛び出して約20メートルほど飛行することが分かった。飛び魚よりは短い距離だけど、足とエンペラを飛行機の翼のように変形させ、風に乗って上手に飛んでいた」とグラハム氏。

ちなみに日本で最も多く消費されている魚介類、それこそがスルメイカであり、世界のスルメイカの漁獲量、最大消費国、最大輸出国、いずれも日本がトップである。また、英語では「Japanese Flying Squid」と書き、そのジャンプ能力は世界的には周知の事実。

それにしても、色も形もなんだかサイバーでカッコイイ。普段私たちが食べているスルメイカが、こんなにイケてる姿をしていたとは……。

(文=GO
screenshot:dailymail.com



■参考リンク
DailyMail(英文)