英語圏で最大級の規模を誇るインターネット画像掲示板『4chan』(4ちゃんねるとも呼ばれている)をご存知だろうか? さまざまなジャンルについて議論したり画像を貼ったりする掲示板サイトで、世界中のインターネットユーザーが集まりコミュニケーションを交わしているサイトだ。

そんな『4chan』には数多くの掲示板が存在するのだが、突如としてすべての掲示板に日本語の『ギガプリンの歌』というYouTube動画が強制的に表示されるようになり、欧米人インターネットユーザーたちが混乱。

その麻薬のような頭に残る歌詞とメロディーが欧米人たちの脳髄を刺激し、一大ブームになりつつあるのである。「Also, PUDDIPUDDIPUDDIPUDDIPUDDI」と混乱する人まで現れている。また、『4chan』以外のサイトにも『ギガプリンの歌』が広まっており、欧米全体を征服する勢いで広まっているのだ!

この『ギガプリンの歌』はタカラトミーが発売しているギガプリンをPRする動画で、歌が流れつつ子ども達や大人たちがギガプリンを食べて歓喜しているシーンが映されている。

実際にこの『ギガプリンの歌』の動画を視聴してみたところ、一瞬にしてその歌詞とメロディーのトリコになってしまった……。確かに、この歌詞と歌声とメロディーは、日本語がわからなくても世界中の人に通じる魅力を持っている。「プリプリン♪ プリプリン♪ すごくでっかいギガプリン♪ プリプリンプリプリン今日もパーティーギガプリン」というシンプルな歌詞なのだが……。子どもの声の魔力だろうか?

どうしてこの動画が『4chan』に掲載されるようになったのかは不明だが、突如として掲載された『ギガプリンの歌』に欧米人が刺激され、脳裏から歌声が離れなくなったのは間違いないようである。もしかすると、欧米から凱旋するかたちで日本でもブームが発生するかも!? これがタカラトミーの計画通りだとしたら、なんともマニアックな方法での戦略である(たぶん、予想外の展開だと思われるが)。

screenshot: YouTube 807productions.

▼以下は全て欧米人による自作『ギガプリンの歌』動画