全身を動かしてゲームを操作するXbox360の最新ゲームシステム『キネクト』。従来のテレビゲームのようにコントローラーを必要とせず、己の肉体をコントローラーにしてゲームを遊ぶ事ができるのだ。人の動きを読み取る『キネクト』センサーをテレビの前に設置するだけで、Xbox360が未来のゲーム機に変身する。

そんな『キネクト』をWindows7とリンクさせ、全身を使ってWindows7を操作している人の動画が、動画共有サイトYouTubeに掲載されて話題を呼んでいる。公式にはリンクできると明言されていないが、いろいろと工夫した結果、『キネクト』でWindows7を動かす事ができたという。どうすればそんな事ができるの!? かなりカッコイイのだが……!

動画を見てみると、『キネクト』を使ってWindows7のあらゆるアプリケーションソフトを操作できているのがわかる。インターネットブラウザを操作したり、写真集を操作したり、3Dゲームを操作したりなど、あらゆる部分で『キネクト』を使用できるようだ。特に驚きなのは、Xbox360と同じように、2人で『キネクト』でWindows7を操作している点だ。

プログラム的な部分に精通していないと『キネクト』を使ってWindows7を操作できないようだが、もしかするとそのうち『キネクト』をWindows7に繋ぐ事ができるアプリケーションソフトが出てくるかもしれない。そうなれば、かなり近未来的な操作がWindows7でできるようになるかも!?

screenshot: YouTube evoluce1