これに乗れば、どんな荒地でもへっちゃらだ! 米Fortune Hanebrink社の「HANEBRINK」は、元NASA技術者とアメリカ自転車競技界の有名選手らによって開発された究極のオフロード電動自転車。

超極太のタイヤに屈強なサスペンション、そして強力な電動モーターを搭載。これにより砂だらけの悪路でも雪の上でも、たくましく走行すること可能となる。

開発のきっかけは今をさかのぼること10年前。とある北極探検家がスキーに代わる移動手段を探していたことに始まる。極太タイヤは雪対策でもあったのだ。

600ワットのモーターを搭載し、最高時速は32キロ。時速22キロで走行した場合、一度の充電で約160キロメートルの走行が可能。価格は電動モーター付きで5500ドル(約45万円)となっている。

究極にヘビーデューティーな電動自転車HANEBRINK。スズキのバンバンや、ホンダのモトラなど、マッチョなバイクが好きな人にオススメしたい一台だ。

(文=GO
screenshot:fortunehanebrink.com

▼なんというかっこよさ!

▼雪の上でもへっちゃらだ!

■参考リンク
HANEBRINK(Fortune Hanebrink社)英語