以前、「iPhoneのパスワードを強制解除! 他人に電話帳や履歴を覗かれる危険性」というニュースをお伝えした。iPhoneの4ケタのパスワードを強制的に解除し、登録してある電話帳や履歴を覗く事ができるという信じられないバグである。

つまり、いくらパスワードをかけていたとしても、他人の手によってパスワードを強制解除し、電話帳や履歴を盗み見される可能性があるのである。そんなiPhoneのパスワード強制解除で、さらに恐ろしい事実が判明した。パスワードを解除されても覗けるのは電話帳や履歴のみだと思われていたのだが、勝手にメール送信や電話もできる事が判明したのだ。

iPhoneの電話帳にメールアドレスを登録している場合、そのメールアドレス宛にメールを送信する事ができるのである。また、その方法を応用すれば誰にでもメールを送信する事が可能で、やろうと思えばイタズラや悪用も可能なのだ。

●パスワード強制解除によってできる事
・電話をかける
・メールの送信
・写真撮影
・保存してある写真のチェックと編集
・着信等の履歴チェック
・電話帳(連絡先)のチェックと編集

iPhoneが他人の手に渡る可能性がある人や、そのような悪用に対して警戒している人は、今までよりも厳重にiPhoneを保管・管理したほうがいいかもしれない。悪用されると非常に危険なので詳しい方法は掲載しないが、とりあえず自己防衛としてやれることはやっておこう。

ちなみに、iPhoneにはアップルが公開していない隠しコマンド(隠し操作)が存在し、それらの隠しコマンドを使用することで普通ではできない事を可能にすることもできる。

写真:ロケットニュース24