今ちまたは空前の自転車ブーム。電動自転車もすっかり浸透。10万円以上する本格的な自転車に乗る人も増え、今後ますます自転車ユーザーは増加すると予想される。そこで気になるのが自転車用のヘルメット。着用の義務はないものの、かぶったほうが安全なのは明白である。

だけど邪魔だし面倒くさい。せっかくセットしたヘアスタイルも乱れるし……というオシャレな人に朗報。なんと0.1秒でヘルメットになるという、今までになかった自転車用エアバッグが登場!

スウェーデンのデザイナーが6年の歳月をかけて開発した「Hovding」。パッと見だとネックウォーマーにも見えるが、命を守るエアバッグだ。

異常な衝撃をすぐさま感知し、搭載された小型ボンベからヘリウムガスがエアバッグに送り込まれる。そしてヘルメット状に膨らんで、頭をスッポリとカバーリング。この間わずか0.1秒!

それにしてもスタイリッシュ。特に冬場なら、ファッションアイテムのひとつとして身につけていても、なんら違和感はないし、むしろオシャレ。

まだ発売されていないが、来春にはヨーロッパ圏で登場することになりそうだ。価格は当面の間は約3万3000円の予定。量産体制が整えば、もっと安価になる見通しだ。

screenshot:hovding.se.

▼0.1秒でヘルメットになる「Hovding」の実験動画

■参考リンク
Hovding(Hovding商品ページ)スウェーデン文