身体を動かしてゲームを操作する『PlayStation Move』(プレイステーションムーブ)。手に持ったコントローラを動かして画面を操作するという点では『Wii』のWiiリモコンも同じだが、『PlayStation Move』はさらに上をゆく斬新なプレイ感覚を楽しめるという。

とか言っちゃって、実際は『Wii』と同じなんじゃないの? 結局はパクリなんじゃないの? ということで、実際に『PlayStation Move』で遊んでみる事にした。『PlayStation Move』が本当に面白いのか? 本当に今までにない体験ができるのか? そのあたりを調査をしてみたぞ!

今回は、『PlayStation Move』のスターターパックを用意。モーションコントローラとUSBカメラ、それらを接続するコード等がセットになっており、『Beat Sketch!』と体験ディスクが付属している。それとは別にゲームソフトとして『スポーツチャンピオン』を用意した。『スポーツチャンピオン』はさまざまなスポーツをモーションコントローラで体験できる『PlayStation Move』専用ゲームソフトだ。とりあえず2人で対戦できるように、モーションコントローラは2つ用意した。

まず、プレイステーション3とモーションコントローラを同期(認識)させる必要があり、USBケーブルでプレイステーション3とモーションコントローラを接続。コントローラーが複数ある場合は、それぞれ同期させる必要がある。同期が済まないと、モーションコントローラでゲームを操作する事ができない。

同期後、『スポーツチャンピオン』をプレイ。最初に卓球をやってみる事にした。ゲーム開始前に、モーションコントローラを持っている状態でいくつかポーズをとり、モーションコントローラの位置をプレイステーション3に認識させる必要がある。手を下ろした状態、手を上げた状態、手をお腹の位置に持ってきた状態の3つのポーズを認識させる。その際、USBカメラで撮影された部屋の写真が画面に映されるので、指定された枠の中に自分の身体が入るようにする。やや面倒。

ゲームのルールに関しては説明を省くが、『Wii』よりも空間を意識してプレイができるため、非常にリアリティがあるプレイを楽しむ事ができた。「画面内で行われているゲーム」というよりも「実際にラケットでボールを打っている」という感覚に陥るのである。『Wii』が画面の操作を腕の動きでしているのに対し、『PlayStation Move』は自分が選手になったかのような感覚で卓球を楽しむ事ができるのである。

非常に説明が難しいが、奥行きも認識されてゲーム内に反映されているように感じた。とりあえず『Wii』と一緒にしてしまうのは『PlayStation Move』に失礼なほど、空間と立体感、そしてプレイ感覚をリアルに感じる事ができるゲームシステムといえよう。『Wii』で十分と思っている人ほど、『PlayStation Move』にハマると思われる。まさに『Wii』の進化形が『PlayStation Move』にあるのだから。

しかし、操作に慣れるためにそこそこの時間が必要なのも確かだ。特にタイミングが重視されるゲームは、モーションコントローラに慣れるまでうまく操作できないかもしれない。また、『PlayStation Move』が今後どれくらい普及するかについては、どれくらい対応ゲームが出てくるかにかかっている。各ゲームメーカーから、『PlayStation Move』専用のゲームを多数発売してもらいたいものである。

ちなみに、モーションコントローラの先端についている球体はプニプニしている。また、モーションコントローラ事態の重さはさほど重くなく持ちやすい。頻繁に『PlayStation Move』で遊ぶ人は、充電スタンドも一緒に購入するといいだろう。

最後にもうひとつ。『PlayStation Move』は『Wii』以上に操作にスペースを必要とするため、狭いところでのプレイに向いていない。できれば広い部屋でプレイすることを強くオススメする。手を壁や棚、人などにぶつけないようにプレイしよう。

Photo by Rocket News24 staff / 本誌記者撮影