現在、世界で大流行の兆しを見せているスマートフォン。アップル社のiPhoneを筆頭に各メーカーが新機種を続々と発売し、市場は加熱の一途をたどっている。急激にユーザーが増え続けているスマートフォンについて、アメリカの研究者が警告を発している。それによると、タッチスクリーン付きのスマートフォンは病原菌を蔓延させる可能性があるというのだ。機器にはさまざまな病原菌が付着している可能性があり、その量はなんと便器の18倍以上に及ぶという。

スタンフォード大学のティモシー・ジュリアン博士は、「例えば、スマートフォンで撮影した写真を友だちに見せたり、電話を貸し借りする場合には注意した方がいい。もしもインフルエンザなどにかかっている場合は、病原菌まで友人と共有することになる」と警告している。

ジュリアン博士によれば、何かの病原菌がタッチスクリーン上に付着していた場合、約30パーセントの確率で指先につくという。さらにそれらが目や鼻、口を介して、体内に取り込まれる危険性があるというのだ。そして、スマートフォンを複数の人間で扱った場合には、1つの機器を通じて、多くの人に病原菌が運ばれていくことになる。

またイギリスの研究者によれば、スマートフォンに限らず、携帯電話には便器の18倍以上の細菌を付着しているという。アメリカの携帯用抗菌ケースを販売している会社の調べでは、携帯電話には2.5平方センチメートル当たりで2万5127もの菌が付着しているそうだ。

スマートフォンが飛躍的に普及しつつある昨今、研究者らは取り扱いに十分気をつけるようにと警告している。とくに子どもへの影響が懸念されているのだ。もしも親が衛生的に機器を扱っていなかったとすると、子どもたちは常に細菌感染の危険性にさらされることになってしまう。インフルエンザ、ノロウイルス、大腸菌などがスマートフォンおよび携帯電話を通じて、大人から子どもへと菌を運んでしまう危険性があるという。

これら病原菌の危険を最小限に抑えるために、除菌できるウェットティッシュなどで機器を清潔に保つことをおすすめする。また抗菌ケースに入れて菌の蔓延を防ぐのも良いだろう。そして何より、不衛生な場所に機器を置かないように心がけたいものだ。今後さらにスマートフォンユーザーが増えるものと思われるが、衛生面には十分注意しよう。

Photo by Flicker/Lauren Close.
This image is used in accordance with copyright law number 32.