旅行時の荷物はこう詰めろ!パッキング師匠が教えるカバン詰め込みテクニック

あれも必要、これも必要……と、何かと増えていく旅行の荷物。できることならカバンは小さめで、身軽に旅立ちたいものだ。そこで多くの人が使うのが、洋服などを小さく収納できる通称「圧縮袋」だが、実は圧縮袋を使わない方がコンパクトにパッキングできるのだ(断言)!

コツは洋服などを、とにかく「隙間」に入れること。この「隙間入れ」のテクニックを駆使すると、膨大な荷物が驚くほど小さなカバンに入るである。そんな「隙間入れテク」も使いながら、さらに洋服をミルフィーユのように重ね入れる、パッキング師匠の動画がバックパッカーの間で話題になっている。

師匠はまず、靴の中に靴下を詰め込み始めた。どうあがいても靴の中の空間は圧縮できないし、逆に何かモノを詰めたほうが型くずれしにくい。いわゆるこれが「隙間入れ」である。

さらに師匠は、それら靴を片方ずつビニール袋に入れ始めた。理由はもちろん他の荷物を汚さないためだ。そしてそれらをカバンの底にあたる位置に縦置きに収納。存在感のある靴というデカ目の荷物を、「ショック吸収材」として活用するという見事なテクニックだ。

そして小さく畳んだパンツなどの下着類を、隙間なく敷き詰めていく。その上にTシャツや薄めの上着を敷き詰めて、ズボンやパーカーなどを互い違いに入れる。まるでミルフィーユだ。この時点では、カバンからはみ出ていてもOKだ。全てを入れ終わったら、丁寧に畳み、カバンのベルトでギュッと縛る。この時の縛りが重要なので、思い切り締め上げて欲しい。ギュギュッ!

最後にバスタオルとビーチサンダルを入れて、あとは圧力をかけながらカバンのジッパーでガッチリとホールド! パンパンになったリュックサックは、サンドバッグ並みの硬度を誇る。これにてフィニッシュ。

お土産が入る余地はないけれど、ぶらり一人旅ならこれで十分。みんなも参考にしてみてはいかがだろうか。

(文=GO
Screenshot youtube.com.by eviltommy.
This image is used in accordance with copyright law number 32.

コメントをどうぞ

  1. やり方も経験次第では

  2. 25年も前から海外に行き来してたら自然に見に付いたけど、確かに経験だと思うが、Tシャツなどは、型崩れしないためお絞りの様に丸めるともっとスペースが稼げたりする。但し、飛行機は昔と違って重量が決まってしまったから、飛行機に預ける荷物にこれらのテクは使っても無駄になりましたよね。

  3. 土砂降りで靴下がぐっしょり。
    で、履き替えたいとき、
    ぜーんぶ出して、靴の中から靴下を取り出す。
    そしてまた、パッキング・・・
    闇雲に詰め込んではいけませんね。
    やはり経験と訓練が必要・・・

トラックバック

  1. トラックバックはまだありません。
  2. トラックバックURL

みんなのお気に入り