う、海の中に人がウジャウジャいる! 幻想的な光景だが、何も知らずに潜ったらビックリ仰天であるが、もちろん彼らは生きてはいない。芸術家が作ったアート作品である。場所はメキシコ・カリブ海沿岸のカンクン。それにしても一体どうしてこんな場所に展示したのだろうか?

作者はイギリス人のジェイソン氏(Jason de Caires Taylor)。彼の目的はずばりサンゴ礁の保護。カンクンはダイビングスポットとしても有名であり、毎年75万人以上のダイバーが訪れるが、そんな彼らが意図せずサンゴ礁や海の中の自然を傷つけないように、このオブジェで注意をひこうとしているのだ。

海中に沈められた「人間像」は400体。素材は自然に優しいものを選んだ。ゆくゆくはサンゴをはじめ、様々な海の生物に住み着いて欲しいとジェイソン氏は語る。もしも環境に悪いことをしたら、この「人間像」が黙っちゃいないかも?

Screenshot dailymail.co.uk
This image is used in accordance with copyright law number 32.